「ぴんとこな」第8話 感想

 あやめのアパートが取り壊される事になる。

 写真週刊誌に恭之助と美月の写真が載る。

 「あいつといたって苦しむだけですよ。」と梢平。
 「弘樹じゃなきゃダメなの。」と優奈。 

 恭之助に「好きになっちゃったから。」と美月。
 あやめは記事を見て「怒ってたよ。」と話す恭之助。
 「明日から地方公演だから。」

 風邪をひいているから薬を持って行って下さいとシズは頼む。

 クッキーを焼くあやめ。
 楽屋に美月がやって来る。
 「同じホテル取ったし。」と強引にクリーニングの着物を持っていく。
 
 美月のうわさをする梢平たち。
 「世の中には釣り合いってもんがあるの。」とあやめに言う美月。

 食事の誘いを断る恭之助。

 「オレはあやめが好きなんだ。」
 美月はあやめの持ってきた紙袋をゴミ箱に投げ捨てる。

 一弥が携帯に電話する。
 美月のうわさを話し、あやめの事を心配していた。
 「お前はオレを信じてくれるんだなぁって。」

 劇場の外で待ち伏せしている美月にもう止めろと恭之助。
 「なりふり構ってらんないのよ。」と美月。
 がっかりしたと、あやめの事を教えて去っていく美月。

 恭之助はホテルのロビーで紙袋を見つける。

 あやめの前に傘を持った一弥が現れる。

 二人で話す。

 「まっすぐであったかい人柄がにじみ出るから。」
 「あやめちゃんが思っている通りの人。」と恭之助の事を言う。
 「もう行かなきゃ。」そう言って一弥は「これ使って。」と傘を渡す。
 「じゃあ元気で。」

 恭之助に電話する一弥。
 今、東京駅だと言う恭之助に「何、グズグズしてるんですか。」

 あやめが部屋に戻ると雨もりがしている。

 恭之助がやって来る。ドアを開けるあやめ。
 
 「よし決めた。オレと一緒に暮らそう。」と恭之助。
 
 
 そんな第8話でした。

 やっぱりあやめと一弥は一緒にはなれないんですね。


 がっくりです。(; _ _ )/ ·グテッ!



 
 恭之助が一弥を歌舞伎の世界に引き止めてから、流れが変わりましたね。

 一弥は歌舞伎を続けるためにプライベートをあきらめたんだ。
 そんな一弥の邪魔はできません。(涙)

 あやめをずっと想ってきた恭之助。
 まっすぐだし裏表がなくていい人。
 あやめもこれまでの恭之助の優しさに気づき…。 


 だけど与左衛門さんは病気のようだし、早く恭之助に一人前になってもらい、後の事を任せたいみたい。

 あやめちゃん大変。
 歌舞伎役者のお家はとっても仕事が多そう。(汗)


 恭之助はお坊ちゃまなのであやめが支えてあげないと…。

 妄想お坊ちゃまとあやめはハッピーになれるの~!?(笑)

  

 だけど一弥と優奈は上手く行くとは思えない。
 割り切った冷め切った関係。(結婚前から!?)
 梢平とのこともあるし、ギクシャクするよね。 



キャスト 
 恭之助(玉森裕太)
 澤山一弥=本郷弘樹(中山優馬)
 梢平(松村北斗)
 澤山咲五郎(榎木孝明)  
 完二郎(山本耕史)
 優奈(吉倉あおい)
 千晶(草刈麻有)

 松吉(髙嶋政宏)
 河村世左衛門 (岸谷五朗)
 三田シズ (江波杏子)
 坂本春彦 (ジェシー)


あらすじ 公式サイトより
ついにあやめ(川島海荷)に告白することが出来た恭之助(玉森裕太)。あやめを自宅まで送った直後、園山流家元のパーティーで再会した幼馴染の美月(マイコ)から「ストーカーにつけられていて怖いから、助けて欲しい」と電話が入り、マンションに赴く。美月を無事送り届けた恭之助。すると後日、“歌舞伎界の若きプリンス、美人モデルとの熱い夜”と写真週刊誌にスクープされてしまう。
一方、あやめは老朽化が激しいためアパートが建て替えることになり落ち込んでいた。そんな折、写真週刊誌の記事のことを知る。自分に告白した後すぐにこんな記事がでるなんて…ともやもやした気持ちを抑えられないあやめは「あの時、言ってくれた言葉は聞かなかったことにする」と恭之助に告げる。

あやめとの距離が離れてしまった恭之助は地方公演へ。そんな恭之助を心配したシズ(江波杏子)は、あやめに元気付けてほしいと新幹線のチケットを渡すのだが…。



 第1話  第2話   第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぴんとこな八話&リミット九話&たべるダケ九話感想

    Excerpt: ■ぴんとこな八話 しかし、次から次へと川島海荷をいじめる悪い女が出てくるドラマだな(苦笑) 主人公の玉森裕太はいい奴だね。なかなか魅力的なキャラだけど、割り食う性格だわ。 ヒロインの川島もそうい.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-09-07 14:02
  • ぴんとこな 第8話

    Excerpt: 第8回「運命の恋大ピンチ!?美人モデルが誘う甘い夜のワナ」2013年9月5日(木) ついにあやめ(川島海荷)に告白することが出来た恭之助(玉森裕太)。あやめを自宅まで送った直後、園山流家元のパーティ.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-09-07 17:23