「海の上の診療所」第1話 感想

 加藤あいがゲストで登場。「海猿」を思い出してしまう。
あらすじ 公式サイトより
 『海診丸』は、瀬戸内海の無医島を巡り、医療サービスを提供する診療船。医師やスタッフたちは、病院並みの設備を持つこの船で共同生活を送りながら、島々を回っている。そんなある日、海診丸にひとりの医師がやってくることになった。その男の名は瀬崎航太(松田翔太)。北海道出身のフリーランスの総合診療医だ。

 元ヤンキーだというウワサもある看護師の戸神眞子(武井咲)、内科医の内村葵(藤原紀香)、看護師の三崎昇(福士蒼汰)、事務員で葵の夫でもある日内晃(荒川良々)、船長兼料理長の海藤剛(寺島進)ら海診丸のスタッフは、航太の歓迎会を準備していた。が、約束の時間より大幅に遅れてやってきた航太は、風呂上がりの眞子に出くわし、不審者に間違われて彼女に蹴り飛ばされてしまう。

 あくる朝、改めてスタッフたちに自己紹介をした航太は、さっそく実務に就いた。今回、海診丸が訪れたのは千登勢島だ。午前中、航太は、集まってきた島民たちの診察をした。しかし眞子は、胃の痛みが取れないという患者に炭酸飲料を飲むよう勧めるなど、いい加減とも思える航太診察ぶりに半ばあきれていた。

 午後、航太は、眞子とともに往診に出かける。明日は島の祭りがあるらしく、太鼓の練習をしている男・宮脇拓也(高橋努)の姿もあった。往診の帰り、航太は、墓石の前で涙を流していた女性・村上美月(加藤あい)に気づき、その美しい姿に心を奪われる。美月は、この島で造船業を営む道則(片岡鶴太郎)の娘だった。廃業し、家を売ろうとしている道則と、亡き母の思い出が残る家を守りたいという思いからそれに反対している美月が衝突していることを知った航太は、美月と結婚して道則の後を継ごうと決意。眞子たち海診丸のスタッフにいきなり「明日で船を降りる」と宣言するが…。



 お話の続き
 祭りの日、太鼓を披露するが拓也は倒れる。
 診療船に運ばれ診察を受ける拓也。
 本土の病院に電話して救急隊に連絡をする。
 運ばれて病院へ着くのに4時間かかると言う。
 その場でオペをする事になる。
 航太は手術を始める。無事成功。

 「学校通ったくらいじゃ船作れんぞ。」と美月の父親。
 
 夕べ拓也の側にいたのは姉で、プロポーズの相手は美月だった。
 勘違いしていたことに気づいてがっかりする航太。 
 救急艇に運ばれていく拓也。
 
 婚約者と一緒に帰ると母親にメールを送る航太。

 島に残る予定がだめになった航太は落ち込んでいる。

 島を離れていく診療船。
 「良かったじゃないですか。島に残って船作んなくて。」と眞子。

 
 さらっと軽い第1話でした。

 松田翔太がとぼけた味をうまく出してますよね。

 一応医療物なんですね。

 毎回島を訪れ、そこで航太のマドンナが登場するのかぁ~。

 月9には珍しく1話完結。
 それに医療物。

 ふ~ん、て感じですね。

 気楽に観れるし一応月9なので視聴続けると思います。

 感想は…毎回書けるかどうか。
 観るけど感想はリタイア?
 分からないけど。(笑)

 気が向いたら書くと思います。
 また訪問して下さいね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック