「リーガルハイ2」第4話 感想

裁判長を演じた広末涼子が存在感で勝利!!
あらすじ 公式サイトより  
ご近所様と言えども、ちょっとしたことでもめごとが起こる昨今。古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)も…毎度のことだがもめている。古美門の奏でる麗しいとは決して言えないバイオリンの音に、黛がクレームをつけたのだ。黛は自分だけではなく、近所からもクレームが来るだろうと言うのだが、服部(里見浩太朗)は一度もないと否定する。

 そんな古美門法律事務所に、近隣訴訟が持ち込まれる。依頼に来たのは東山冬海(猫背椿)。最近もめごとが多かった隣家の西平なつ(佐藤仁美)にハサミで腹を刺されたのだ。幸い命に別状はなかったものの、先に冬海がゴルフクラブで殴り掛かったという経緯から刑事裁判で、なつは無罪となる。この判決に不服の冬海は民事裁判を起こすことにしたのだ。

 冬海の慰謝料を全額弁護費用に充てるという申し出に、古美門は了承。なつの弁護人が羽生晴樹(岡田将生)であることも意に介さない古美門だったが、裁判の日程の連絡を受けた服部から、裁判長の名を聞くと黛とともに驚く。その裁判長とは、かつて法廷を侮辱したとして古美門を牢屋にぶち込んだ別府敏子(広末涼子)だった。

 民事法廷が開廷する。やはり別府は、古美門のお世辞に眉ひとつ動かさない。それどころか、古美門の劇場型の意見陳述は厳しく注意される始末。反対に、別府は羽生の柔らかな物腰には好感を持った様子。勝負あったと感じる黛だが、別府は詳細な説明を古美門に求めてくる。


 お話の続き

 古美門は廊下に立たされる。

 黛は意見陳述を続ける。
 「あなたもブロードウェイ志望ですか?」と別府。

 放火事件が起き「なつさんは冬海さんを疑った。」
 防犯のための犬がなつを咬む。
 冬海さんの家より収入が多いなつさんに引っ越してもらいたいと。

 羽生は東山の転居を求める。
 
 「次回、現場検証を行います。」と別府。

 ワゴン車で出かける一行。
 しりとりで負けた古美門は騒ぐ。

 「実に面白い。」と別府。「今のはパクリか。」と古美門。

 古美門と黛がゴルフクラブとハサミを持って演じる。
 犬の件も再現する。 
 犬は古美門を舐めている。

 原告本人尋問

 「実際はじゃれていました。」
 デッキブラシを持った人間を遊んでくれると思っている。
 「裁判長あなた自身が誘導尋問していますよ。」と黛。
 「凶器として使うことを想定して用意したのでは。」

 黛は退廷を命じられる。

 別府は「分かってるだろうな。」と圧力をかけられる。
 
 羽生は不安な様子だ。

 被告人尋問

 のりあき君とご主人の写真を見せる古美門。
 火をつけるのを子供は見ていた。
 犯罪者に仕立てようとした。 
 冬海に嫉妬し画策したと古美門。
 
 勝利の祝いをする古美門たち。
 「笑顔で世界が変わる事など無いのです。」
 古美門の言葉を思い出す羽生。

 「和解を申し入れてきました。」

 和解期日

 2千万払い転居すると。

 うちが引っ越しますと冬海。
 「両家とも引っ越す。それもいいかもしれません。」
 子供たちが現れる。
 お子さん同士の友人付き合いは続けるように命じる。
 「もう一度バーベキューをする事。」と別府。

 「僕の目的は当事者が幸せになる事。」と羽生。
 「うちに来るべきだ。」と黛に言う。

 自分に「嫉妬してるんです。」と古美門。
 「あなたの生き方も充分窮屈なように見えます。」と別府。
  
 服部の携帯に連絡が。 

 …という第4話でした!(^▽^)

 相変わらずエネルギッシュでお茶目な古美門。
 それに対して表情を崩さず冷徹な別府。
 この二人の対比が最高な第4話でした。

 笑いを取れるのは徹底してるからですよね。

 広末涼子、堺雅人のパワーを受け敵役を見事に演じました。

 だから堺雅人広末涼子の勝ちです。

 岡田将生と新垣結衣の二人に存在感で勝ちました。
 …そういう内容の話じゃないんだけど。(笑)


 羽生と真知子は二人のパワーに押され気味でした。
 真知子は完全に古美門の補佐の役割だし。
 羽生のキャラはいい人ではあるんだけど…なんかねぇ。
 このドラマの中では不思議な存在ですよね。
 皆の幸せを考え、いつも柔和で優しい笑みをたたえ。
 なのに、どこか信用しきれないものを感じさせ。

 こんなイケメンの好青年を胡散臭いスッキリしない存在に仕立てるあたり、凄いドラマだと思う。



 お隣さん同士の争いはデフォルメしてるとはいえ、近づき過ぎた女同士のもろさと危うさをうまく描いてると思います。
 精神的な距離は必要だと思います。
 しかしそれには物理的に離れた方がいいんですよね。
 隣同士で暮らすのは近過ぎ。

 お隣さんとは当たりさわりなく挨拶程度の仲にしておくべき。

 付かず離れずの距離を保てないので、難しい。

 

 子供同士に配慮したラストは良かったと思います。
 でもまたマンションの隣の部屋に住むのは止めましょう。(笑)



 第1話  第2話  第3話



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • リーガルハイ二期四話&独身貴族四話感想

    Excerpt: ■リーガルハイ二期四話 羽生(岡田将生)が最後の最後でレベルアップした(笑)彼の理想は理想でしかないのだが、羽生自身はそれを実現しているキャパがあるので、もしかしたらもしかするだけの力はあるかもね。.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-11-01 04:36
  • 「リーガルハイ 2」第4話★広末登場「実に面白い」ほどでもなかった?

    Excerpt: 「リーガルハイ 2」第3話 東山冬海(猫背椿)が『家政婦のミタ』でも隣人役だった佐藤仁美演じる西平なつにハサミで腹を刺された事件。 奈良だったかで起きた『騒音おばさん事件』的な感じ? -.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-11-01 11:11
  • 【リーガルハイ】(2期) 第4話 感想

    Excerpt: これが人間の本性です。 誰でも心に嫉妬というけだものを飼っている。 そして、そのけだものは暴れだしたら最後、もう手が付けられない。 壊れた隣人関係は元には戻らないんです。 せめて気が済.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-11-01 11:45
  • 「リーガルハイ 2」 第4話 お隣付き合いは蜜の味!?嫉妬渦巻く隣人裁判!!

    Excerpt:  さて、今回はご近所トラブルが傷害事件に発展してしまった案件ですョ~ 閑静な住宅地の隣同士になった東山冬海(猫背椿)と西平なつ(佐藤仁美)は、引っ越し日も同じ、お互い ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2013-11-01 13:29
  • リーガルハイ2 第4話

    Excerpt: 古美門(堺雅人)がバイオリンを弾いていますが、はっきり言って騒音ですねw 真知子(新垣結衣)は辞めてほしいと訴えますが、古美門は近隣から文句を言われたことが一度もないと、服部さん(里見浩太朗)に.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-11-01 13:44
  • リーガルハイ 第4話

    Excerpt: vol.4 2013年10月30日  ご近所様と言えども、ちょっとしたことでもめごとが起こる昨今。古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)も…毎度のことだがもめている。古美門の奏でる麗しいとは決し.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-11-01 16:55
  • 《リーガル”ハイ”》☆2-04

    Excerpt: 古美門の事務所兼、自宅で黛が古美門に、騒音バイオリンの練習を辞めろとねじ込むが交わされる。ご近所の文句は、服部が、付け届けで、シャットアウトしていた。 羽生は、路上ライブを聞いていたが、外人バンドが始.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2013-11-02 03:39