「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」第7話 感想

 予想通りの回でした。セリフが中心で進まないですね。
 もう第6話で完全燃焼してしまったよ~。
 あれ以上のものは期待できない、というかしてなかった。
 なので予想通り。(--;
 スーツを着た新谷宏美は普通の青年で、前回のナース姿で発散する妖しげなオーラは微塵もなく。
 中神も退場で、体当たり熱演する人が減りました。
 (第6話をもう一度見ると、新谷の叫び声と、中神の怒鳴り声と笑い声、これがドラマを盛り上げてる事に気づいたよ。あれ以上の効果音はないってくらい。)


 でもまた、以前のだるい展開に逆戻りですね。




 辞表を出して若松警視に仕掛ける大杉。
 慌てて出かける若松の後を追う津城、美希、大杉。
 
 新谷は借りていたアルバムを返しに行き、小学校の校庭でブランコに乗って兄を思い出します。
 隣のブランコを揺らすシーンにしんみりしました。

 後は東のいるレストランでの新谷と倉木の対話。

 写真をトランプのカードのように広げて新谷はじらせるんだけど。
 筧が会ってた謎の女が千尋だって、もう多くの視聴者は予想済みだから。
 皆、もう千尋だって思ってるよね。

 溜めた演出してるんだけど、全く驚きがなく。



 席を立った東が通り過ぎていく場面は、ヒリヒリしたけど。
 (倉木、新谷の邪魔すんな!!)





 視聴してると部屋にタバコの匂いがし始めました。
 TV画面からタバコの煙が流れだしてるみたいに思えて「えっ?」。
 でもそれ、開けたベランダの窓から入ってくる匂いでした。
 たぶん隣の部屋の煙…なんでしょう。
 ベランダで吸う人多いんですよね。
 部屋が煙で充満する時もあります。
 煙の行き場は隣の部屋だったりするから。


 すみません、話がそれて…。

 今回、室井に植物状態の娘がいると分かったのですが。
 大杉の娘も前、登場したよね。
 倉木にも娘がいた。

 それと美希には行方不明の父親がいる。
 (自宅の固定電話の壁にカレンダーびっしり。)
 刑事だった明星と娘。
 父親と娘の関わり、そういうテーマが描かれたりし…。
 それぞれの心情、考えさせられるものはあります。

 ただ物語と関係あればいいんだけど。
 全体の筋と関係なかったら、後でがっくりだよね。
 関係あるんだよね。
 あのカレンダーの謎も解明してよね~。頼みますよ~。
 
 







 予告編、次回の分とは違うの流すし。
 先週の予告編で見たシーン、今回なかった。
 そういうのも何か「あれっ?」って思います。
 
 そんな感じでまた来週ですね。

キャスト
 若松忠久(戸田昌宏)

あらすじ 公式サイトより           
百舌・新谷宏美(池松壮亮)がすべての記憶を取り戻し、覚醒した。
倉木(西島秀俊)たちの前に転がる無残な死体の数々が、それを物語っていた。
現場から逃走し身なりを整えた百舌は、かつて通っていた小学校を訪れる。 殺された葵美(有村架純)が心残りにしていた、借りたままのアルバムを返すためだ。
アルバムを受け取った管理作業員の寺門(品川徹)は、百舌のことを兄の和彦だと思い懐かしがる。
和彦は事ある毎に妹をかばっていた…そんな話を聞かされ、兄の記憶が百舌の脳裏を駆け巡る。優しかった兄はもういない…百舌は押し寄せる感情を堪え、「ひとり残らず殺す」と誓う。



一方、倉木たちは百舌の足取りを掴めずにいた。
そんな中、美希(真木よう子)は倉木に、自分は夢でダルマを見たことがある、と告白する。そして自分宛に送り主無記名で届いた封筒を渡す。
入っていたのは、かつて行われた警察の極秘作戦「グラークα作戦」に関する資料だった。
所々黒く塗りつぶされた文章の中に、倉木は上司である室井(生瀬勝久)の名前を見つける。室井にその資料を突き出す倉木。
しかし多くを語らない室井は、倉木をある場所に連れて行く。毎週金曜日に室井が向かう場所…そこは何年も意識が戻らない室井の娘の病室だった。

そんな中、大杉(香川照之)は津城(小日向文世)と酒を飲んでいた。
津城に巨悪と戦う覚悟を問われ、あると答える大杉。
そんな彼に津城は「あなたの力で公安警察の闇を暴きませんか」と持ちかける。

津城と大杉、そして美希の3人が動く頃、百舌はレストランで東(長谷川博己)を殺すタイミングを伺っていた。
離れた席にいる東を見つめ、アイスピックを取り出す百舌。そこに一人の男が現れる。
「初めまして、新谷宏美君」そう言って百舌の前に座ったのは、倉木だった…。


  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
  第6話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 木曜ドラマ劇場「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」第7話

    Excerpt: Episode7「倉木VS百舌 謎の女の正体がついに衝撃の真実」 視聴率8.7% Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2014-05-23 20:52
  • MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜 第7話

    Excerpt: Episode #7「倉木VS百舌突きつけられる真実…謎の女とは」2014.05.22 OnAir 百舌・新谷宏美(池松壮亮)がすべての記憶を取り戻し、覚醒した。 倉木(西島秀俊)たちの前に転がる無.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2014-05-23 22:08
  • 【 MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~ 】第7話 感想

    Excerpt: お互いひとりぼっちだな。 お前は今、空っぽなのか? ああ。空っぽだ。 うまいこと言うな。 空っぽになった人間は、どう生きていくと思う? そんなの決まってんだろ。 憎しみと苦.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-05-23 22:26
  • MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~ 第7話 感想

    Excerpt: 倉木と新谷の会話の緊迫感が凄かった☆ アイスピックと銃のテーブルの下の膠着した攻防戦。オカルトやJホラーより、こういう演出の方がふさわしいドラマ。 公式HPよりあらすじ 百舌・新.. Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ racked: 2014-05-23 23:20
  • 「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」 Episode #7 倉木VS百舌 謎の女の正体が・・・ついに衝撃の真実 

    Excerpt:  謎の女はやはり倉木の妻・千尋(石田ゆり子)でした。 それを知ってしまった倉木は、やはり「本当の真実」を追い求めずにはいられないのでしょう。 どんな恐ろしい真実が待って ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2014-05-24 06:07
  • MOZU七話&アリスの棘七話感想

    Excerpt: ■MOZU七話  新谷が記憶を取り戻したことで、一応、第二部に入ってるのかな。 前回のアクションはドラマ史上、かまり印象に残る名シーンだったと思う。覚醒した!って感じだった。吉田鋼太郎の怪演がよか.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2014-05-24 12:30
  • MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~ 第7話

    Excerpt: 美希(真木よう子)は倉木(西島秀俊)に、自分は夢で「だるま」を見たことがあると告白します。 そして、自分宛に送り主無記名で届いた封筒を渡します。 入っていたのは、かつて行われた警察の極秘作.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2014-05-24 15:01