肩身の狭いドライブ~平和な人の軽い約束

 母の姉妹も、父親の方の兄弟姉妹もそれなりの暮らしをしていた。
 子供が大きくなるにつれて車を買い、一戸建てを購入し、より豊かな生活環境を築いていく。
 うちだけ車が無かった。

 休みの日もどこへも出かけなかった。

 母の妹夫婦が見るに見かねて私と母を旅行に誘った。
 別の妹夫婦の家族とドライブに行った記憶もある。

 母は高速道路の料金所で必ず後部座席から運転する叔父さんへ料金を払おうとする。
 もちろん、受け取ろうとはしないのだけれど。
 料金所に来ると必ずお決まりの様にそのやり取りが繰り返された。

 子供心に母が気を使ってるのはよく分かった。
 
 
 どこか肩身が狭い、そんな思い出。


 陰鬱だった子供時代の事を考えれば、大人になってからの方がはるかに幸せだと思う。
 でも育った環境が自分から消えて行く事は無い。


平和な人の軽い約束
 大人になって旅行するために免許を取った。
 一年後の夏に旅行しようと盛り上がり、行き先は北海道に決まった。
 飛行機で飛んで、向こうでレンタカーを借りて巡る計画だった。

 友達と旅行の話が出た時は世界が変わるような気がした。
 家族で車で旅行した事なんてなかったから、大人になって自分が運転して旅できるなんて夢のような話だった。
 誰かに連れて行ってもらうのでもなく、肩身も狭くない。

 
 けど実行には移されなかった。
 ひとりは簡単に気が変わってしまった。
 もうひとりは冬にスキー旅行で散財し、貯金をする気も無かった。

 2階に上がったら梯子を外された。そんな状況。



 最初から車を購入する気は無かった。
 自転車も要らない駅前のマンションに暮らしているし。
 (うちのマンションに駐車場なんて無い。
 建物の壁面に沿って細長い狭い駐輪場があるだけ。
 だから日常、車を使用する気で取得した訳じゃない。
 二人ともそれは知ってるはず。)
 

 免許だけあっても仕方ない。




 



 のびのび育った普通の家の子との落差。

 理解してもらえない。

 電車とバスで教習所へ通った日々。
 仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。
 凍えながらバスを待った。
 思い返すと涙が出てきた。
 悔しさが通じない。
 彼女たちには全く通じない。
 車を買って乗ればいい、そんな風に簡単に思ってるようだった。


 当時新しく友達になった女の子たち。
 短大を卒業して社会人になったばかりだった。
 共働きの両親がいて、お母さんは看護師や生命保険外交の仕事をしている。
 お兄さんがいた。ひとりは弟もいた。車があった。
 収入の全ては自分のお小遣い。
 大きな買い物は親任せ。目標金額のお金を貯めた事も無い。
 家族におねだりと甘えるのが当然の生活。


 彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。
 皆が力を合わせて過ごす家。

 だから深刻なトラブルも無く平穏な日常生活。 

 そんな環境で育ち、それが当たり前の環境にいる女の子。
 自由にのびのび暮らしてきた。奔放に遊んでても何も困らない。

 特に大金持ちってわけではない。平均的な家の子だと思う。
 彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。
 だけどあまりに甘く何もかもが通用し、平和過ぎる。

 「お兄ちゃんがお金貸してくれへんねん。」
 「お父ちゃんがお金貸してくれへんねん。」
 「お母ちゃんがお金貸してくれへんねん。」
 
 これが井上の言い訳だった。
 これを聞かされた時、唖然とした。
 あまりに違う、全然違うと心の中ががヒリヒリした。


 スキー旅行を散々繰り返した後、バイトでお金を貯めると言っていたが口先だけだった。習い事をいくつも始め。
 言ってる事とやってる事が全然違うし。
 それを考えるとたまらなかった。
 だったら、教習所に申し込む前に変更してよ!! 
 自分は何一つ我慢せずに目先の楽しみを最優先。
 その場しのぎに実行する気もない事をペラペラしゃべって、最後は兄や親に頼る気だったんだ。
 いい加減な事言うだけ言って、困ったら家族にねだるつもりでいた。
 自分が何とかする気なんて全然なかったんだ。

 ギリギリまで先延ばしにし続けて。


 (丹羽はお兄さんと一緒のレジャーを持ちかけて来た。
 サーフィンにゴルフ…。
 私がそれを始めようとしたらまた一から準備しないといけない。
 教習所に何のために通って免許取ったのか分からないし、それ全く生かせないし今度は別の、よりお金がかかる遊び。
 もうついて行けないと思った。
 それにお兄さん絡みだとまた肩身が狭いレジャーになる。
 丹羽は自分の兄だから何の気兼ねも無くていい。
 ふんぞり返って大きな態度でいてもいい。気楽だ。
 でも私は違う。それじゃ全然意味が無い。)


 結局、夏の予定が立たなかった。


 悔しさ、腹立たしさを正直に手紙で伝えたらそれっきりになった。
 
 


          尼崎の異常な家庭 №12 肩身の狭いドライブ

 (丹羽は慎重さが無い。荒っぽい。
 普段の外面は常識的だけど、中身は気まぐれ偉そうな物言い。家族みたいに遠慮なしだよね。教習所に申し込んで秋から通い始めたら気が変わった。
 こうなったらもう嫌がらせとしか思えないタイミングで。)
 

 尼崎の異常な家庭  
 №7 父はギャンブル依存症
 №8 周囲と協調しない母
 №9 一生分のストレス~金切り声
 №10 他人より遠い親

 №13 肝心なものがない家
 №14 要らない物があふれた家

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック