「問題のあるレストラン」第3話 感想

 千佳が母親と数年ぶりに再会するレストランでのシーンが見せ場でしたね。
 実は引きこもっていたのは母親の方でした。
 一歩も外へ出ないでゲームをする母。
 彼女に食事をさせるため、千佳が料理をしていた。
 目を離すと死んでしまうかもしれない母親の側にいて、学校へは行かなかった。
 このままでは千佳をダメにすると、家を出た母…。

 そんな壮絶ともいえるエピソードが再会シーンで語られました。

 映像はカラフルでポップです。
 千佳の身につけているパーカー、色彩豊かです。
 思い出のシーンのキッチンは白く清潔で光にあふれていました。

 見た目は明るいのに…。

 登場人物の哀しい心だけが浮き彫りにされていきます。

 現実感はありませんね。 
 子供が親の面倒を見るために小学校へも通わないなんて。
 学校に行かなければ先生や児相や警察が動くでしょう。
 例えばというお話です。
 メルヘンと思えばいいのでしょうか。


 初回のセクハラも酷かったし、第2話のモラハラもそう。
 今回の雨木の無神経ぶりも。
 かなり極端に描いていますよね。

 
 雨木は一緒に暮らせばと軽く振りますが。
 再婚すると母親は告げます。
 一緒には暮らせないと。

 再会と別れが同時にやって来たような寂しさを感じました。


 両親とも育児放棄。
 これは酷い。

 こんな酷い設定をエピソードの一部にしつつ、本筋のレストラン開店が進んでいきます。


 シェフとしてオープンのピンチを救った千佳。

 ひとます安心、というところでしょうか。




 登場人物は多く全体にバタバタとした印象です。


あらすじ Yahoo!テレビより 
父親の雨木(杉本哲太)を憎む千佳(松岡茉優)が突然、荷物をまとめて獅子丸ビルから出て行こうとする。たま子(真木よう子)が引き留めても、千佳は全てが面倒くさいと吐き捨て、たま子が用意していたコックコートも切り裂いて姿を消す。そんな中、調理器具などを買い揃えに出掛けたたま子たちは、卸売市場で門司(東出昌大)や藍里(高畑充希)たちと遭遇。結実(二階堂ふみ)と藍里が対抗心をむき出しにする中、たま子は門司に呼び出される。


  第1、2話


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 問題のあるレストラン 第3話★千佳は引きこもってなんかいません

    Excerpt: 問題のあるレストラン 第3話 雨木社長(杉本哲太)と奏子(堀内敬子)と千佳(松岡茉優)が会食。 この3人が、なんでそろって食事するのか解釈できなかった・・・。 で、千佳が引きこもりである.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2015-01-30 14:24
  • 残念な夫三話&問題のあるレストラン三話&ウロボロス三話感想

    Excerpt: ■残念な夫三話 ボサボサな感じでもかわいい倉科カナが育児に奮闘しているが、なかなかハッとさせられる台詞やシーンがあって。 理解しているようで、どこか見当違いしている夫を、玉木宏が演じているが、バカ.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2015-01-31 23:04
  • 問題のあるレストラン 第3話

    Excerpt: たま子(真木よう子)たちが、ビストロのオープン準備に精を出す中、シェフを務める千佳(松岡茉優)が家を出て行こうとします。 たま子はハイジ(安田顕)と一緒に千佳を捜そうとしますが・・・ たま.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2015-02-01 13:44