電話は短い方がいい~♪

 電話って一方的だよね。便利なのはかける側だけの話。
 かける方は自分の空いた時間を選んでるからいいけど、受ける方は唐突にやって来る訪問者と同じ。
 プライベートに突然侵入してくるからね。
 こっちはお風呂掃除してたら、着信音3回だってすぐに出られない。それが相手には分からないから、狭いマンションの部屋でいったい何してるんだって事になる。
 うち、ファクスが付いてるから最初の着信音が3~4回は鳴らないんだよね。
 だから相手の掛けた呼び出し音、5回目で初めてうちの電話が鳴ると思ってもらいたい。
 説明してはいるんだけどね。

 
 電話よりメールの方が遥かに有難い。
 送る方も受け取る方も、早朝だろうと深夜だろうと関係ない。
 メールは、相手のプライベートを侵食しない最高の通信手段。
 電話は着信音が3回鳴っただけでも大慌て。
 メールならそういう事もなく助かります。





 一人を中心に繋がっている関係も不自然だし偏り過ぎ。

 それで8年前に親戚にメルアド交換を頼みました。
 でも状況は変わらず。

 その都度、近況報告のメールを送ってきたけど。
 効果が無い、というかあんまり意味なかったみたい。

 蚊帳の外っつーか…。
 まあ、その方が気楽でいいか。


 親戚付き合いに法律で決められたルールはないしね。
 会いに行けなくても、物を送れなくても別にいい。
 交流があるかないか、それが大切。
 だけど肝心の、その交流が…。


 全く釣り合いが取れないような。変な感じ。


 他人同士の関わりと同じで気がなければ仕方ない。
 上の伯母さんたち(すでに亡くなっている。)の子供たち、従兄姉はたくさんいる訳だけど。
 下の叔母さんとはもう付き合いが無いらしい。

 何で疎遠になったのかなぁ。
 それは本人に聞いてみないと分からない。

 付き合いに法律で定められたルールなんてないから。





 電話も声を聞けていいよ。
 ただ短い方がありがたいよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック