「セカンド・ラブ」第3話 感想

 慶は一緒に暮らそうと言います。
 学校へ向かう途中、高柳に話しかける結唯。
 高柳が大きな声を出したので周囲の生徒は不審に思います。
 
 ファミレスで高柳は慌て相手の男について質問責めにします。
 別れて下さいと結唯。
 その男に会わせろと言う高柳。二人で店を出ます。
 街で偶然、ティッシュ配りをしている慶に出会います。
 3人は公園に行きます。

 あきらめた高柳。立ち去ろうとする二人。
 呼び止め、結唯を大切にと頼みます。

 母、真理子に打ち明ける結唯。
 これまでの不満をぶちまけ荷物をまとめて家を出ます。

 二人は一緒に暮らし始めました。


 野口綾子が駅で結唯を待ち伏せしていました。
 狭いベッドで寝て睡眠不足にしてダンサーとしてダメにすると。
 脅迫めいた言葉を浴びせられます。
 「ダメにしません。
 だからあなたにも殺されません。」と結唯は言い返します。

 慶に通訳の仕事が入って来ます。
 引き受けるつもりだとテキストを開きます。


 そんな第3話でした!!

 どうなる事かと思えた第2話でしたが、3話は結唯が自分の意志をハッキリとさせ、慶との関係は同棲へと進展します。
 出会って3、4日もたってないような気もするんですけど。(笑)

 慶の一緒に暮らそうって言葉に驚いたんですね。
 そうか結唯は妻子ある人との交際が長かったから…。
 周囲にこそこそしないで付き合えるのがいいに決まってる。

 不毛の愛なんて精神衛生上いい訳ない。
 良かったよ。けじめをつけられて。



 高柳のファミレスでのやり取りはなかなか面白かったです。
 自分は妻子がある身で職場の若い女性と交際してきた。
 去ろうとしている結唯を引き止める厚かましさはない。
 追いすがるのもプライドがある。
 だけど内心、激しく動揺して彼女を失うのだけは嫌だと思っている。

 慶に向かって自分の名前と○○高校とか職業を述べる場面にも笑えた。
 このおっさん、自分を少しでも優位に見せようと必死やなと。

 自宅のベランダで寒い夜風に当たって傷心に耐える高柳。
 哀愁漂う背中が何とも言えなかったです。
 奥さん、何か勘付いてるようでしたが…。(汗)

 ズルイ中年男を見事に演じきった生瀬さんでした。(笑)

 結唯の母、真理子も娘に頼り切ってたんだね。
 ちょっと可哀そうだけど、仕方ないよ。
 慶のアパートは狭いから、あの家で一緒に暮らした方がいいとは私も思ったけど。(笑)





 カンパニーのオーナーも酷いよね。通訳って…。
 だけどここはグッと我慢。
 慶、愛する女性のために大人になろうとしてるんだ。
 港のバイトで慶はおじさんにストリッパーかと勘違いされ。
 それでダンスを披露します。おじさんたちの表情、受けた~。
 コミカルで良かったね♪

キャスト
 田島茂良(寺島進)

あらすじ Yahoo!テレビより 
慶(亀梨和也)から一緒に暮らそうと言われ、浮き足立つ結唯(深田恭子)。早速、高柳(生瀬勝久)に関係を清算するための話し合いを申し出るが、そのやりとりを見ていた竹内(小芝風花)ら生徒は不審がる。結唯が家に帰らないのは不倫のせいだと勘違いしている真理子(麻生祐未)は、上司としての高柳に娘の素行を相談する一方で、結唯を責め立てる。そんな中、結唯はようやく高柳に別れを切り出すが、高柳は慶に会わせろと言い出す。


  第1話  第2話

この記事へのコメント

LB56
2015年02月22日 17:27
お疲れさんデス。

慶と結唯は、あいかわらずで~。
周りに、焦点が当たってきたようですね。
男のストリッパーとか~(笑)

>ズルイ中年男を見事に演じきった生瀬さんでした。(笑)

そんなに、ズルイという感じには見えませんでした。不倫といっても、過去だし(ドラマ始まる前に終わってたし)、先生同士だし、最近、過激な不倫を見てるせいか、むしろ、良い?不倫に見えましたよ(笑)

>結唯の母、真理子も娘に頼り切ってたんだね。

たぶん、潔癖症のA型かと思うので、施設かどこかで(変な行動を起こさないように)見てもらった方が、いいのかもしれませんね。

>カンパニーのオーナーも酷いよね。通訳って…。
 
「一緒に仕事をしたい」、と言ってたから、ピンと来ました。ダンサー以外の雑用だと~(^^;
通訳なら、まだ好条件の方なんですが、精神年齢が未発達(駄々っ子?)の慶としては、こういう経験を生かせないのかもしれませんね。
そこんとこを、化学教師である結唯が、育てていくと、いいんですけどねえ~。。。
さて、化学反応できるでしょうか??(苦笑)
・・・前向きには、なってるようですが~
kanata
2015年02月23日 13:13
LB56さん、どーもです(^^)v
深夜ドラマなんで思い切って描いてますよね。
恋愛の本質を捉えてる様な気がします。
物語、進展早くて面白い。

毎回、慶のダンスシーンも見どころ。
クラシックバレエとは全然ジャンルの違うヒップホップ系ダンスに見えます。(*^^*)

この記事へのトラックバック

  • ウロボロス六話&セカンド・ラブ三話感想

    Excerpt: ■ウロボロス六話 今回色々驚いた。まず、蝶野(滝藤賢一)がいきなり撃たれて死んだと思ったら、生きていた(笑)蝶野がいないとつまらないので、それはそれでよかったんだけど。 中盤で、いきなり今度はイク.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2015-02-22 22:17