「天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─」第1話 感想

 司法取引がテーマの事件物ですね。
 淡々と畳みかけるように謎解きが進み、解決したかのように思えると新たな謎、そして真犯人が判明。
 意外かと言われるとそうでもない。
 初めて出て来た登場人物が犯人と言われても。
 こっちは意外性を感じる余地もないし。
 唐突さに、キョトンとするだけ。
 霧島れいかが配役だったら、そりゃあ真犯人だと思えるよ。
 だけどそれは視聴者サイドの話であって、何であの弁護士が会ったばかりの女性政治家を犯人と断定できるのか。
 何の証拠も無い。
 だけど犯人。
 強引過ぎて…。(・・。)ゞ




 司法取引、その是か非かを問いかけてくるのかなぁ。

 強引に押し切る主人公のキャラの面白さで見せるのか?

 渡部篤郎は「銭の戦争」が良かったから。
 札束の匂いに酔いしれるあの表情とか最高だったし。(^^)v
 これは高圧的なキャラみたいだし。
 愛されキャラとは少し違うかな?

 



 蒔田ヒカリ(剛力彩芽)茶島龍之介(渡部篤郎)

あらすじ Yahoo!テレビより
捜査一課の所属だったヒカリ(剛力彩芽)は、人を疑うことを知らず、「未解決事件資料室」という閑職に追いやられる。1年後、 ある使命を帯びた弁護士の茶島(渡部篤郎)が配属され、2人は未解決事件の再捜査に乗り出すことに。最初の事件は、ヒカリが一課時代に担当したキャバクラ嬢殺人事件。重要参考人の政治アナリスト・吉川(飯田基祐)は、直後に失踪していた。ヒカリらは、その妻・美加子(高岡早紀)の自宅を訪ねる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課- (第1話・4/10) 感想

    Excerpt: テレ朝系『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』(公式) 第1話『消えたエリート殺人犯とセレブ妻の裏顔』の感想。 捜査一課の所属だったヒカリ(剛力彩芽)は、人を疑うこ.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2015-04-13 08:19
  • 天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─「消えたエリート殺人犯とセレブ妻の裏顔」

    Excerpt: これは、初回を見た限りでは、ハーフビターで、カタルシスも、今ひとつなので、好みが分かれそうですね。蒔田ヒカリ(剛力彩芽)の「正しさ」は真っ当なのですが、世渡りする意味では、天才弁護士・茶島龍之介(渡部.. Weblog: のほほん便り racked: 2015-04-13 14:00
  • 天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─ 第1話

    Excerpt: 2015年4月10日放送 CASE 1「消えたエリート殺人犯とセレブ妻の裏顔」  人を疑うことができず、警視庁捜査一課で成果を上げられずにいた蒔田ヒカリ(剛力彩芽)が、「未解決事件資料室」へ異動とな.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2015-04-13 17:56