「ようこそ、わが家へ」第4話 感想

 相葉君がやつれてて、ドラマの内容よりそっちの方が気になったりして。
 体が細い!!痩せてるし顔色も悪く艶が無い。
 大丈夫かなって思ってしまいます。
 相葉君て肺気胸だったんだよね~。確か。
 『VS嵐』『相葉マナブ』では全くそんな風に感じないのに、このドラマで何か精彩に欠けてるのが気になっちゃって…。

 気の弱い主人公という設定。
 だから頼りなさそうでいいのか…。

 沢尻エリカの方が生き生きと目立ってます。
 盗聴器を探すシーンも主導権を握って健太を引っ張って行きました。

 行動力があります。

 彼女のキャラに押されてしまって相葉君、影が薄い…。(汗)






 物語は、もうコントのような倉田さん一家の気楽な雰囲気に慣れてしまい、特に感想とかありません。(笑)
 ガムテープを貼り倒して、それを後で外から突き破って入って来る南果歩がバラエティーのコントです。


 相変わらずお父さんの会社の場面になると、別ドラマみたい。
 真瀬は感じ悪すぎて嫌ですね。
 月9に合わない。
 陰湿で夢が無い。


 陶芸教室ではやっぱり堀内敬子が何か怪しいのでは
 配役でそう思うだけなんですけど。
 何もない役で堀内敬子を使わないと思うのよね。



 とにかくいろいろな人が怪しそうで、まだ事件の真相とか予想もつかないし、観てみます。


あらすじ Yahoo!テレビより
家族の留守中、何者かが倉田家に侵入。勝手口から上がり込んだと思われる犯人は、2階にいた猫の首にメッセージを付けていた。リスクを気にしない大胆さに明日香(沢尻エリカ)が疑問を投げ掛け、健太(相葉雅紀)は犯人が家族の不在になる時間を知っていたと確信。盗聴器の存在を疑う。予想通り盗聴器を発見した2人は犯人の尻尾をつかむためしばらく取り外さないことに。一方、太一(寺尾聰)は健太からある写真を見せられ…。

  第1話  第2話  第3話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック