「ようこそ、わが家へ」最終回 感想

 ニット帽の男は赤崎といい、明日香の知り合いでした。
 以前、明日香に好意を持っていて、出版社のパーティーで誘った事があり、電車に乗る時見かけて近づいたんですね。
 そこへ割り込みだと健太に注意された。
 後をつけて暴力をふるうつもりだった。
 でも気が変わって自宅の花を引き抜いたり嫌がらせをした。
 その後、便乗した万里江や民子たちが嫌がらせ行為を始めた。

 お父さんの会社の件は真瀬の不正が暴かれて西沢さんが昇格しました。

 半沢直樹みたいな内容でしたね。
 会社のシーンだけ別ドラマのようでした。

 特に期待していなかったし、まあその通りでした。(笑)

 思わせぶりだったお母さんは密会ではなかったし。

 明日香も亡くなった父親の因縁めいたものはなく…。
 ラストにまた花壇が荒らされフードをかぶった人物の影が。
 一応ホラーっぽい終わり方はしましたよね。



 悪役を演じた足立梨花、眞島秀和、
 堀内敬子
が良かったです。

 事件に関係のない佐藤二朗がオモロかった
 

あらすじ Yahoo!テレビより 
倉田家は、またもや門や外壁に落書き被害を受けた。健太(相葉雅紀)は遺留品から、前日会った‘ニット帽’の男の仕業と確信。男がしていた特徴のあるネックレスの線から身元を探ろうとし、明日香(沢尻エリカ)も店に同行する。さらに、健太は自分の職場に盗聴器が仕掛けられていることに気付く。一方、太一(寺尾聰)は真瀬(竹中直人)の不正を明るみに出すことを一度は諦めたものの、健太に背中を押されて、再び動き出す。



  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
  第6話  第7話  第8話  第9話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック