「アイムホーム」第9話&「医師たちの恋愛事情」第10話 感想

 香の病室で記事を仕上げる久。
 野沢に香の部屋番号を教える。
 朝、「自分の家に帰ったよ。」とすばるに言う香。
 仕事を手伝ってたと、恵に話す久。 
 事故の時、持っていたバッグを開ける。
 封筒から離婚届が。

 バーレーン支店に5年ほど行ってくれないかと持ち掛けられる。
 「第13営業部は無くします。」と小机。
 「損失隠しに気づいたから?」と営業部の皆。
 小鳥遊に下手な動きはしない方がいいと小机部長は忠告する。

 「損失隠しをやってたのは家路君なんだよ。」
 
 「海外赴任は間違いないの?」と恵は尋ねる。
 離婚届をスーツから出し「君と離婚するつもりだったらしい。なぜかは分からないけれど。」
 「私が送ったの。」
 「僕には恵が顔が仮面に見えるんだ。」
 「なぜか分からないけど。だから恵の表情が分からない。」
 「仮面に見えるって…私もそうなの。私も久さん顔が分からない。」

 久が鏡を見ると仮面の自分の顔が…。

 第9話は、妻に何があったのか話すよう頼む久ですが。
 どうやら会社には知られたくない秘密があるようです。
 それも久が関与している可能性が…?
 
 久は恵の実家のお金をあてに結婚したのでしょうか?

 でも愛はあったような雰囲気もするし…。
 恵の本当の気持ちはどうなのでしょう。
 良雄君のために家庭は壊したくないのが本音かもしれないし。
 
 来週はいよいよ最終回ですね。
 (ドラマ冒頭、病院内ですばるの方へ歩いて来る久はキムタクオーラが出過ぎていました。笑)


キャスト
 小机幸男(西田敏行)


あらすじ Yahoo!テレビより
香(水野美紀)の病気を知った久(木村拓哉)は、香とすばる(山口まゆ)の力になろうとするが、自分の過去について口を閉ざす恵(上戸彩)とは会話もなくなる。そんな折、自分が投資目的で買った後に暴落した土地を、恵の父・龍夫(堀内正美)に高値で買い取ってもらったと知った久は、金目当てで恵と結婚したのではと悩む。その一方、久は第一営業部からコピーを頼まれた資料の中から、不正とおぼしき記録のあるメモを見つける。


 「医師たちの恋愛事情」第10話

 渡辺の様態が急変し春樹はオペに踏み切ります。
 術後、希望を無視したと渡辺に謝ります。

 医者になりたかったが、実家の病院が借金でつぶれてしまったという過去を打ち明ける渡辺。
 一方、久仁子(床嶋佳子)は渡米する事になり、千鶴に人員削減のための辞職はする必要が無いと。

 奈々と高橋は子供が橋渡しをして上手くまとまりそうです。

 仁志祐介(伊原剛志)は教授の話は辞退する気でいます。
 それを知った妻は、呆れて別れましょうと答えます。

 千鶴と春樹も自分たちの気持ちを確かめ合いました。

 だいたい予想通りに物事が運ぶので、安心して見ていられます。


キャスト
 久仁子(床嶋佳子)


あらすじ Yahoo!テレビより
渡辺(生瀬勝久)から退職勧告をされた春樹(斎藤工)を守るため、自ら退職を申し出た千鶴(石田ゆり子)。そんな中、渡辺が倒れ、末期の肝臓がんと判明する。覚悟をしていた渡辺は主治医の春樹に治療は無駄だと告げ、緩和ケア病棟がある病院へ転院させろと言う。治療法を探り続ける春樹は、2回に分けた肝切除を提案し、生きるのを諦めるなと訴える。一方、友子(板谷由夏)と奈々(相武紗季)は、大切な人のためにある決断を下す。



  第1話&第2話  第2話&第3話
  第3話&第4話  第4話&第5話
  第5話&第6話  第6話&第7話
  第7話&第8話  第8話&第9話



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック