歯の治療、2年10か月目に突入

 私にトラディショナル、正統で健全なものは似合いません。
 
 2年と10か月目に入った歯医者通い。

 治療は終了し、残るのは上の前歯の作成だけになりました。

 待ちに待った自分の理想的な歯。

 だけど歯科技工士さんが作ったのは、顔の中心が通った適切な大きさの整然と並んだ歯でした。

 それを入れようとすると3本しか入りません。

 元々私の上の配列が異常だからです。

 犬歯と犬歯の間に3本の歯しかない作り物。

 不気味で気持ち悪くて愕然としました。
 
 ここへまで来て、自分の育った家庭環境の異常さを思い知らされるとは…。

 歯科技工士さんは正しい方法と技術で正統な歯を作っただけなのですが、私には合いませんでした。


 多少デコボコしていてもいいから、4本の歯を入れて欲しいと、願いを何度も言葉を尽くして言い続けました。

 1時間の治療予約時間が15分も超過してしまいました。

 でもこのままでは生きて行く希望が持てません。

 私は子供時代、希望を失いました。

 そのまま諦めて成長し、10代後半に少しでもまともな人生を歩みたくて治療を受けました。

 その時、間違えた治療方法で前歯を無くしました。

 掴もうとしても得られない、まともな人生。

 あきらめる事が当たり前になって過ごしてきました。


 死にたい、そんな心のつぶやき。


 それでも3年前、再度治療を受けるためにネットで医院を探し通い始めました。

 生きる希望を得るために。


 皆が当たり前に手にしているものを手に入れたい。

 正統なものが似合わなくてもいい。

 多少歪でも歯茎とつながった歯が見えればそれでいい。
 




 来週、また予約の日がきます。

 

 №1 折れた乳歯

 №6 口腔崩壊

 №11 棘のある他人


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック