「HOPE~期待ゼロの新入社員~」第4話 感想

 一ノ瀬(中島裕翔)と桐明(瀬戸康史)の違いがハッキリ描かれた第4話。無能だと思える上司を見限って桐明は一人で会社に戻ってしまいますが、一ノ瀬は落ち込んだ上司の側にいます。
 優しいです。
 言われた通りにやるだけでなく。
 仕事の仕方が正しい、正しくないでもなく。
 人間味があっていいです。
 大平も救われました。
 自分の欠点に気づいて、前を向く事ができて。
 引き出しに用意してあった退職願も破り捨てました。


 それにしても…。
 囲碁の手を置き換え、困っている上司に攻めの一手を使い。

 事態を大きくしたかに見えましたが、逆に相手より優位に立って会社の利益につなげました。
 臨機応変に対処した一ノ瀬君。

 さすが!
 凄いと思いました。(笑)

 プロ棋士を目指していた者ならではの物事の考え方、追い詰められた時の素早い判断。
 そこら辺、設定を生かしてるドラマだと思いました。(笑)

 
 一話完結のスッキリまとまった回でした。



あらすじ Yahoo!テレビより
職場で実地研修するOJTが始まり、一ノ瀬(中島裕翔)は桐明(瀬戸康史)と一緒に資源1課の大平(山崎樹範)に付く。織田(遠藤憲一)によると、大平は取引相手に礼儀を尽くす模範社員だという。一方、資源2課で逆恨みされ邪魔者扱いのあかね(山本美月)は、一ノ瀬と入れ替わりに営業3課へ。そんな中、大平は取引先の泣き落としで納品の遅延トラブルを見逃すが、後日取引先のうそが発覚。一ノ瀬は落ち込む大平に攻める時だと促す。


  第1話  第2話  第3話


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック