「IQ246~華麗なる事件簿~」第6話 感想

 宝くじが当たった事を人には言わない方がいいですね。
 それを聞いた証券会社の男が持ち主を殺して当たりくじを奪い、またそれを兄が奪う。
 離婚調停中の妻が宝くじを見て当たりだと分かったんですね。
 そして恋人である兄と共謀した…。

 スマホの傷が葵(MEGUMI)の履いていたヒールと一致して沙羅駆は事件を推測します。
 壮一(平岳大)の元を訪れ最初の被害者は何にでも隅に印を書く癖があったと話します。
 くじにもそれが書いてあった。
 私が書いたと壮一。
 どんな印かと聞かれても答えられません。

 壮一と葵は沙羅駆を呼び出して罠にかけます。

 でもそこへ賢正と奏子が駆け付け壮一の言葉を録音していました。

 帽子に鉄板を入れてあり、無事だった沙羅駆。

 バッグの中に時限装置付きの不審な物が…。

 とうとう13が姿を見せました。

 ほとんど誰かは分かっていましたね。(笑)

 隔離されてしまうのか。沙羅駆は。

 でも次週も事件が発生して普通に謎解きしてる様なので。 




 謎解きが面白いかというと、まあまあで。
 ゲストの犯人役と沙羅駆の対決がドキドキするかというと、そうでもなく。
 ディーンフジオカの決まった髪型が良かった。
 奏子はスーツの色が変わった。
 見ていてそういう所位に目が行って、大して物語に入って行けないかなぁ。



 「醜悪至極なり。」の台詞のトーンが少し優しくなりました。
 こっちの方がいいですね。


あらすじ 公式サイトより
いつものように屋敷で暇を持て余していた沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞に掲載されていた未解決の殺人事件記事に目を留める。それは3週間ほど前に都内のとある橋の下で鈴木守(今野浩喜)という男が他殺体で発見された記事だった。
周囲から人畜無害で殺される理由が見当たらないと評されていた鈴木守が何故殺されたのか・・・。事件に興味を抱いた沙羅駆は奏子、賢正(ディーン・フジオカ)と共に被害者のアパートを調査に訪れる。

被害者の鈴木守は工場で真面目に働く地味な男で、人柄も誠実で質素な生活を送っていたようだった。そのため警察では怨恨の可能性が見当たらず、通り魔の犯行として捜査を進めていた。だが、沙羅駆は被害者の部屋に残された高価なフィギュアや株の購入を予定していたと思われる資料などから「この事件は連続する」と推理する。


数日後、鈴木守が株購入を相談していた担当者で証券会社勤務の笠原亮次(和田聰宏)が自宅の階段から落下し死亡していたことが判明する。死んだ亮次は返済が滞るほど借金があり、それが原因で別居中の妻・葵(MEGUMI)とは離婚調停中だったが、現場検証では亮次が死ぬ間際、ワインとキャビアを食するほど優雅な生活を送っていたことが判明する。警察が事故死と判断を下そうとする中、いつものように勝手に現場検証に乱入していた沙羅駆は弟の訃報を聞いてやって来たという亮次の兄・壮一(平岳大)に遭遇。壮一の様子を見て興味を抱いた沙羅駆は早速、壮一の自宅を訪ねていく。

壮一は画家だったがコンクールなどの賞にもまったく恵まれず、画廊からも声がかからないいわゆる自称画家で、最近まで経済的には決して恵まれていないようだった。ところが亮次の死と時を同じくして高級マンションに引っ越すなど羽振りの良い様子で……。



  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • IQ246~華麗なる事件簿~ 第6話

    Excerpt: いつものように沙羅駆(織田裕二)は屋敷で暇を持て余していました。 そこに、占いをしていた瞳(新川優愛)から、沙羅駆に何かが近付いて来ている暗示が・・・ 沙羅駆は、奏子(土屋太鳳)が手にする.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2016-11-21 10:00
  • IQ246~華麗なる事件簿~ 第6話

    Excerpt: 第6話「才能買う画家が描く殺しの絵」2016.11.20 On Air いつものように屋敷で暇を持て余していた沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞に掲載されていた未解決の殺人事件記.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2016-11-21 17:15
  • IQ246~華麗なる事件簿~ 「才能買う画家が描く殺しの絵」

    Excerpt: 今回は、映像が凝っていて、よく言えば、スタイリッシュ。わざと思わせぶりで難解にしてた感もありましたね。暇と頭脳を持て余してた、沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞記事に注目。3週間ほ.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-11-21 19:33