「逃げるは恥だが役に立つ」第4話 感想

 自尊感情の低い男と小賢しい女…恋人にするのはあなたしかいないと平匡に提案するみくり。
 契約結婚の規約書類を前に、理屈で迫ります。
 凄い告白ですね。
 こんな交際申込み、愛の告白シーンは見た事ありません。(笑)

 常識を覆す驚きの連続の様な。
 あってはならない契約結婚という名の同居。
 外から見ると夫妻、でも実質は雇用主と従業員。

 一定のルールの元に淡々と事務的に日常生活を送る二人。

 食事している平匡とみくりの場面は肩がこりそうなほど堅苦しくて可笑しすぎます。

 向き合って食卓につく二人のぎこちない会話、他人行儀な会話(当たり前ですが)ちょっと気まずい雰囲気、普通の神経だったら耐えられません。
 気を使い過ぎてくつろげないし、落ち着かないし。

 全てを飛び越えて同居から始まる恋。

 平匡の不器用さが風見に契約結婚だと知られてしまい、シェアする事まで持ち掛けられ、断れません。
 そして自由意志と、何もかも尊重する姿勢。
 みくりは歯の治療費のため家事代行の掛け持ちを決めます。

 平匡は風見の家でのことは話さないように言います。
 ぞじてこちらの事も口外しないように。

 そのルールを守るとストレスが溜まるから恋人にと。

 この先の展開が楽しみです。




 生真面目な平匡の心の声が何とも言えません。


あらすじ Yahoo!テレビより
風見(大谷亮平)は津崎(星野源)に、家事代行としてみくり(新垣結衣)を週1回ほど‘シェア’させてほしいと提案。シェアという言葉を不快に思う津崎は、みくりにその提案を言い出せない。一方、みくりは風見から先に話を聞いてしまい、津崎が切り出すのを待っていた。しびれを切らしたみくりは、ついに津崎にシェアの真意を聞く。そして、ちょうど歯の高額な治療費に悩んでいたため、風見の下で週2回の‘副業’を始める。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 逃げるは恥だが役に立つ 第4話

    Excerpt: みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)の関係が「契約結婚」であることが、風見(大谷亮平)に知られてしまいます。 2人の関係を理想的とする風見から「週1回、みくりをシェアさせてほしい」と言われた津崎は.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2016-11-05 15:03