「カインとアベル」第4話 感想

 桃子(南果歩)のフィアンセとして現れたのが竹中直人で驚き。しかも派手なマジシャンの様な格好をしているのに笑えました。更に父の貴行(高嶋政伸)が退席した後、優(山田涼介)が100億の融資を願い出るのにも驚きました。
 相手を信用するかどうかは直感だと黒沢。

 別荘に逃げ込んだ兄、隆一(桐谷健太)の元へ黒沢が訪れます。
 融資が決まり救われる隆一。
 
 会社に姿を現した時の自信満々の表情。
 自分一人が解決したと父親、役員たちの前で誇らしげな態度。
 資金繰りに奔走していたと父親に言います。

 私たち視聴者は弟、優が頼んだ事を知っているので隆一の愚かさを嘲るしかありません。
 愚かで憐れみすら感じてしまう。
 その見せ方が何とも残酷だと思いました。
 
 隆一は矢作梓(倉科カナ)にプロポーズし、自分は「持ってる。」と言います。自分の運がいいからだと思い込んで。
 自分は一人で何でもできる。誰にも頼らすやってのけると。

 そんな隆一に、誰に支えられたと思ってるのと梓は諭します。
 隆一が一番頼りにしていない存在、弟の優だと。

 このシーン、見せ場でしたね。

 兄と弟の違いが分かりやすかったし。

 助けてもらって弟を殴るとは…。
 とんでもない兄です。
 


 ここで一区切りつけて明暗が分かれたような。
  
 次回予告編で優の髪色がダークになっていました。
 会社の中で頭角を現す優。
 ますますドラマチックになりそうです。
 


あらすじ 公式サイトより
高田たかだ優ゆう(山田涼介)は、兄・隆一りゅういち(桐谷健太)が出社していないことをプロジェクトルームで団だん衛まもる(木下ほうか)から知らされる。すぐさま隆一の携帯に電話をかける優だが、留守電になってしまう。優が矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)に昨夜の様子を聞いた。すると梓は、隆一は戻ってこないかもと言う。梓によると、隆一はかなり酒を飲んで部屋に来たのだが、何も話さずに帰ってしまったのだそう。様子のおかしい隆一には、優も心当たりがあった。隆一は、幼い頃に父の貴行たかゆき(高嶋政伸)からもらった大事な万年筆を優に譲っていたのだ。

その頃、社長室では貴行が隆一の行方が知れぬことを隠して役員会を乗り切っていた。役員会が終わると、会長の宗一郎そういちろう(寺尾聰)が来た。隆一の役員会欠席を心配する宗一郎だが、貴行は問題ないと答える。だが、宗一郎は隆一のように完璧に見える人間の方が脆いのではないかと貴行に問う。それでも、貴行は隆一を信頼しきった様子だった。
 家に帰った優は、隆一の部屋で行方の手がかりを探すのだが、何も見つからない。しかし、隆一から譲られた万年筆を見つめていた優は、あることに思い当たる。

翌日、優は梓に隆一のいどころに心当たりがあることを伝えた。すると、梓は一緒に連れて行ってほしいと言う。2人はその夜、高田家の別荘へ向かった。 一方、高田家では桃子ももこ(南果歩)がフィアンセに会ってほしいと貴行に頼んでいた。桃子の結婚に反対する貴行は頑なに断るが…。


  第1話  第2話  第3話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カインとアベル 第4話

    Excerpt: 兄・隆一(桐谷健太)が出社していないことを団(木下ほうか)から聞かされた優(山田涼介)は、梓(倉科カナ)に昨夜の様子を聞きます。 すると梓は「もう戻って来ないかも」と言い、隆一がかなり酒を飲んで.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2016-11-08 14:37
  • カインとアベル「奇跡の大逆転!運命を変えたひらめき!」

    Excerpt: 高田優(山田涼介)の、兄・隆一(桐谷健太)が出社してこず、失踪騒ぎになり、優は、昨晩、隆一から譲り受けた万年筆の思い出から、心当たりを探し、それに、優の同僚であり、隆一のフィアンセ・梓(倉科カナ)は、.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-11-08 15:07
  • カインとアベル 第4話

    Excerpt: #4「奇跡の大逆転!運命を変えたひらめき!」2016.11.07 on air   高田優(山田涼介)は、兄・隆一(桐谷健太)が出社していないことをプロジェクトルームで団衛(木下ほうか)から.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2016-11-08 18:49