「東京タラレバ娘」第6話 感想

 前々回で香と小雪は先の無い恋愛にピリオドを打ったと思ってたのに、前以上に相手にのめり込んでいてちょっとガックリです。心が病んでますよ。
 女の友情は健全な心に導けないのか!?
 倫子(吉高由里子)の恋は「この人を好きになる。」と理屈から入ってしまったのが間違いだったんですね。
 寂しいからと言って安易に始めるものではないですね。

 それに比べ、マミ(石川恋)は相手の好みに染まる事が無理なくできるし、順応性のある凄い子ですね。(^^ゞ

 早坂(鈴木亮平)との交際も迷わずに始め、ダメだと思ったらすぐに方針転換し、更に新恋人の好みに合わせて髪色もファッションも変えて。
 それが苦痛でも何でもないし。
 そうすることが楽しいなんて、何てハッピーな女の子。
 器用だし賢いと思います。

 それができない不器用でどうにもならないタラレバ娘たち。 


 これは見ててキツいっす~。(; _ _ )/




 相変わらずKEY(坂口健太郎)の出番が少ないのが不満です。

あらすじ Yahoo!テレビより
奥田(速水もこみち)という完璧な恋人ができて浮かれる倫子(吉高由里子)は、彼からずっと一緒にいられたら幸せだと言われ、早速、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)に報告する。2人にプロポーズだとうらやましがられた倫子はまんざらでもない。一方、小雪は丸井(田中圭)と別れられずにいたが、香は涼(平岡祐太)との関係を断ち切り、結婚相談所に入会すると宣言。そんな中、倫子は再び奥田と一晩過ごし、その完璧さに気疲れする。


  第2話  第3話  第4話  第5話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック