「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」第3話 感想

 ダメージコントロールという24時間患者の状態を待つ方法を取る藍沢たち。自殺を試みて入院、再度妻の目の前で飛び降りた患者の容態。
 心は死にたがっていても、体は生きたいと。
 藍沢はそう妻に説明します。
 体の生きたいという訴えは24時間で聞けたけれど、心は…。
 人間の生と死。生きる力とは何か。
 そんな様々な問いかけをしてくる第3話でした。

 命と命より大切なもの、どちらを優先させるのか。
 彼らの葛藤、それぞれの重さを感じました。

 灰谷は自分は医者には向いていないと心の内を話しますが、白石は臆病である事も医者の適正だと伝えます。
 藍沢の臆病な一面が、ダメージコントロールという方法を選択し、患者を救う事ができたと。
 新人の葛藤や悩みを聞いてあげる白石、素敵な先生です。



 あと…。 
 エレベーターの中で話すシーンが多い気がします。(笑)
 

あらすじ Yahoo!テレビより
藍沢(山下智久)が脳外科で担当していた奏(田鍋梨々花)の手術の準備が進む。しかし、術後にピアノが弾けなくなる可能性があり、奏の心は揺れていた。白石(新垣結衣)らは、森林公園で倒れていた意識不明の男性をヘリで搬送。ところが、機内で男性の吐しゃ物が掛かった冴島(比嘉愛未)が突然意識を失う。白石も目まいや吐き気を感じ、機内の空気が汚染されたことに気付く。藍沢たちはセンターを封鎖し、受け入れ準備を進める。

  第1話  第2話


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命3期第3話(7.31)

    Excerpt: 手術をなかなか受諾しない天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々花)、 手術をすれば命は助かるが、もうピアノを弾けなくなる、 奏の境遇に藍沢(山下智久)は心を痛める。 そんな中、ドクターヘリで男性患者を搬送中、.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2017-08-05 17:31