自己完結している人

 自己完結している。たぶん。
 決して冷たい訳じゃない。
 でも他人を必要としてないから、親密にはなれない。

 こちらから誘えば応じてくれる。
 待ち合わせ時刻も正確。
 キッチリしている。

 でも私という他者はどこか不在。

 自分の意見を言わない。
 全て合わせる。
 それは受け入れてくれている、とも言えるし、私には関係ないとも受け取れる。


 どこか冷めた距離のある間柄。


 誰かと楽しみを共有したいという感覚。
 他者と何かを共有したいという願望。
 それが希薄。
 欲望が強くない。それはいい事かもしれない。

 長い年月をかけて培われたもの。
 持って生まれた性格と環境かもしれない。

 他者と何かを共有した経験が少ないのか…。

 そういう機会をあまり持たなかったのかもしれない。

 互いに意見を交わして、相談する過程が飛んでいる。
 相手が存在していない。

 一緒に何かを組み立てていく世界が無い。

 どこか一人きりの自己完結したものを感じる。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック