Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS グズで鈍重〜遅過ぎ重過ぎ厄介な女

<<   作成日時 : 2019/01/11 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 待ち合わせで何が一番大切かって、駅の改札口が数か所あったら、どの出口で会うのかって事だよね。
 大きな駅なら必ず改札口は複数ある。
 漠然とただこの駅の改札口って、それじゃあ会えないでしょ。
 そこを飛ばしてロープウェイの時刻表を調べたけどどこにも載ってないって言われた時は、ちょっと引いてしまったよ。
 ロープウェイに時刻表なんて有る訳ないよ。
 ゴンドラがグルグル順に回って来るだけなんだから。あるとしても最初と最終の時刻だけ。
 それで改札口はどこにするかを全く気にしてないんだから。

 それ位は私が調べる。
 お互い様なんだから。
 だけど当日会って、乗り換えの地下鉄乗り場方向が見覚えのない階段だったので、「これ違う。」と感じた。
 この人に付いて行って安心、任せて安心かと言うと経験上そうではない。
 やっぱり場違いな道案内。
 駅員に尋ねて良かった。
 
 いつもと勝手の違う、かさばる荷物を抱えて道間違えて歩き回るのはゴメンだ。

 この人、人付き合いの経験が無いんだ。
 それを忘れてはいけない。

 ハイキング終了後も私のイライラは少しづつ加算されていく。

 仲間とメールアドレスくらい交換しておこうよ。
 一緒に出掛ける仲間なんだからさぁ。

 写真を送ってもらうように連絡しないと自分からは何も言い出さない。
 私が送ると思い込んでいたのか、何なのかは分からないけど。
 とにかく、全てに受け身で何一つ言い出さない。
 だからこっちがひとつひとつ気を遣って手はずを整えたり連絡してあげないと、動かない。動こうとしない。
 
 イライラの極めつけは仲間とのメルアド交換の件だった。

 Yさんのアドレスを知らせてもらう話になったが、自分のをYさんに送ってもらう事はできますかと。
 質問形式だよ。
 頼むんじゃなくて。
 しかもYさんの提案の方がPCで作業が済む楽な方法で。
 この人の発想は私にとってガラケー操作の複雑な負担のかかるやり方。
 しかも人に物を頼むのに「お願いね、お手数だけど。」「頼むね。」「よろしく〜。」みたいな言葉が全然入ってない。
 何なの?これって。
 
 


 要領悪過ぎて話にならないよ。これまでYさんとは何度も顔を合わせてて、メルアド交換するタイミングはいくらでもあったよ。
 もっと別の余裕のあるシーン、ハイキング以外にもミーティングでは何度も顔を合わせてた。
 落ち着いて交換できるタイミングいくらでもあった。

 それを電車のドアが閉まる直前で、私に丸投げって。

 いつも慎重で用心深さマックスなのに。

 あまりいろんな仲間とプライベートでは近づきたくないのだと思ってた。
 とても警戒してる様に見え。
 必要以上に親しい人を増やしたくないので、メール交換は控えてるのだと思ってた。
 それがわざわざ別れ際にバタバタとって…。

 必要以上に親しくなる人を増やしたくないなら、そういう自分のスタンスを貫こうよ。


 こっちはGメールアドレスを交換するのに一年かかってる。
 2017年に一度メモに書いて渡したがダメで。
 2018年になってお茶しましょうの時、あらかじめEメールで頼んでおいて。
 それでやっとメルアド教えてもらったから。

 時間をかけて手順を踏んで丁寧に細心の注意を払って…。
 それが全部飛んで雑なやり方にびっくり。

 メールアドレスは本人同士での交換がベスト。
 他人に丸投げはNGでしょう。

 どこまでも知恵が無い。対応の何もかもが遅過ぎ。鈍感。
 積極性が皆無。


 とにかく重い。遅くなったWindowsXPより重い。

 愚鈍、要領の悪い鈍重、田舎者。
 メルアド交換まで自分で処理できない。
 めんどくさいややこしい事ばっかりグダグダと持ち掛けて来て。
 やってる事の一つ一つが不細工で見てられない。耐えられない。


  自己完結している人
  自己完結と共依存〜病んだ自立と依存

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
グズで鈍重〜遅過ぎ重過ぎ厄介な女 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる