Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トレース〜科捜研の男〜」第3話 感想

<<   作成日時 : 2019/01/24 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 初回と第2話に比べて船越のおじさんの怒鳴るシーンが少なくて助かった。(笑)これからも、抑えて演技して欲しいです。錦戸亮は逆に話し方がボソボソと抑揚が無く、若干物足りない気もします。
 一本調子のように感じるけど、それはキャラがそうなのでいいのか…。
 こういう陰のある役は似合っていますね。
 ノンナ役の新木優子は上手いと思います。
 事件の真相は意外でした。
 哀しいお話でした。

 そして過去の事件と今回の事件は全く別物。
 過去の事件の犯人も逮捕され、お手柄でした。

 ジーンズに指紋と同じような二つとはない縫い目の特徴があるなんて知りませんでした。

 
あらすじ Yahoo!テレビより
山林で小学生・ココ(高松咲希)の遺体が見つかる。虎丸(船越英一郎)の先輩刑事・鶴見(大地康雄)が長年追う連続幼女殺人事件の手口と酷似していると分かり、真野(錦戸亮)とノンナ(新木優子)が現場を調べる際に、鶴見も同行。そこで発見された遺留品のDNAが、鶴見が連続幼女殺人の犯人とにらむ男のものと一致する。だが、真野は、虎丸や鶴見らにある事実を突き付ける。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「トレース〜科捜研の男〜」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる