Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人付き合い小学生並みのアラフォー女

<<   作成日時 : 2019/04/07 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 失望から拒絶反応、そして嫌悪感へとSに対する気持ちは変化していった。
 まさかこんな状態になるなんて予想もしなかったが。
 秋に参加したイベントを境に、失望の連続を味わう。

 12月のはじめ、あまりの『対人能力』の無さに見限る自分がいた。
 理屈じゃない。
 返ってきたメールに、もうやってられないと感じた。

 そして1月最初のメール。
 無機質で何の体温も感じないその内容は決定的な破壊力だった。
 壊れた。
 全部が。それでも約束の食事へは出かけたが…。

 Sは堅物で変わり者だ。
 対人能力が無さ過ぎる。
 真面目だが人見知りする小学生で、ああいう風な女の子はいる。

 人の心の機微が分からない。
 側にいても孤独感や寂しさを感じる事はあった。
 それでも大切に丁寧に対応してきた。
 だけどそれは無駄だったのだ。
 このSには。
 Sにとって興味関心があるのはハムスターや猫ちゃんなどの小動物や植物だ。
 人間にはそれほどセンサーが働いていない。




 ところで、不思議なのだが…。
 12月、Sを心の中では見限ったその一週間後、Aさんからメールが届く。
 実に10か月ぶりだった。
 すっかり忘れていた。
 Mさんの会う日程や時間のなかなか決まらない連絡にイライラさせられ通しで、気分を変えるためにウォーキングに出て、自宅に戻り再びパソコンを開いた瞬間。
 Aさんの新着が目に飛び込んできた。

 驚いた。
 あれだけ待ち望んで、毎日メールが来ないかとチェックして。
 でもあきらめて、そして他の仲間との憂鬱な関わりに気を取られる日々。
 Aさんの事は忘れていたのだ。
 
 何かを手放したら何かが手に入る…。

 そういう事なのか…。

 それを象徴するエピソードなのかな…。


  グズで鈍重〜遅過ぎ重過ぎ厄介な女
  無様で不細工〜プライドが高過ぎる女
  厄介な女〜高過ぎるプライドと怠慢
  長い孤独の果て〜歪な対人能力
  ふざけた女とお高くとまった女



人間関係を壊していく女 
 Fさん、Mさんが5月の休日にAさんを誘って行ったレストラン。
 そのレストランに恋をしてAさんはHさんを誘った。
 そして私も誘うように頼んだ。
 更にHさんは別のもう一人を加えるように条件を出す。
 そんな流れで私はSさんと交流するようになる。

 Mは、Fさんと年齢も近く仲の良かったAさんにミーティングで偶然出会い、それで誘ったのだ。
 大きな意味は無い。
 単なる事の成り行き。
 Mさんは計算高い人ではない。
 むしろその逆で、スケジュール管理なども苦手な無頓着な人。

 自助グループは上下関係が無い世界…。
 だけど時折、自分には権威があるような言動を見せる。
 そして意見が対立してやがて絶好状態になる。

 一定の距離を保てないで壊してしまう。
 長続きしない。
 節度自制心が弱いのか…。


 行動力はあるが、かなり危なっかしい。

 近づき過ぎると壊れてしまう。
 そういうリスクは大きい。

 Fさん、Mさん、Aさん、Hさん、そして私、Sさん。
 近づいては離れ、時間を置いて再び近づき。
 切り捨てた人。離れて行った人。いろいろだ…。
 自分に正直になるというのは残酷な事だ。







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
人付き合い小学生並みのアラフォー女 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる