「ストロベリーナイト・サーガ」第9話 感想

 話がアンダーカヴァーに移り、石井正則が登場し雰囲気が軽くコミカルに。
 姫川と身長が同じ。
 並んで歩いて尾行するあたり、絵柄が面白かった。(*^^*)
 「ストロベリーナイト・サーガ」は深刻な事件内容に映像も重厚で、気分が重くなる時もあります。
 確かに事件そのものは悲惨だったけど、姫川の変装と石井正則の存在がこれまでとは違う空気にしてくれてホッとできました。

 石井正則は「古畑任三郎」で確か有能な刑事役。
 小柄だけど古畑に気に入られるような存在だった。
 今泉君と対照的な役どころでしたよね。(^▽^)


 取調室での姫川はいつもの調子に。
 詐欺で捕まった犯人は悪びれる様子もなく、自分のやったことを正当化しています。

 姫川の犯人に対する憤り、そして揺るぎのない人生哲学。
 それがしっかり伝わってきました。

 留置所のお昼はパン。
 このオチも効いていました。(*^^*)


あらすじ Yahoo!テレビより
警察の過去の失態に端を発した暴力団構成員殺害事件とその関連事件が幕を閉じ、玲子(二階堂ふみ)は単独捜査への処分が菊田(亀梨和也)らに及ぶことを心配する。そんな中、和田(羽場裕一)は刑事部長・長岡(小市慢太郎)の指示に逆らい、過去の失態を公表。姫川班にも懲罰的な人事が下り、菊田は玲子にある思いを明かす。1年後、玲子は派手な姿で詐欺事件を追っていた。

  第1話  第2話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック