「ストロベリーナイト・サーガ」第10話 感想

 要潤の登場で楽しみになってきた最終話。強面の刑事役や危ない組織を演じる役者さんたちが多い中で、やっぱり目立ちますね。
 ブルーの仮面って劇画みたいですよ。  
 悪役が魅力的だといいね!(*^^*)

 ドラマはすぐにブルーマーダーに辿り着き、かなり端折った感が…。
 それと菊田の存在感が薄過ぎて気の毒。(--;
 いや、主題歌で存在感、アピールかな?
 


 要潤は 「インハンド」にもゲスト出演してましたね。光石研と菜々緒との共演で、「サイレーン」を思い出しました。(*^^*)


あらすじ Yahoo!テレビより
玲子(二階堂ふみ)は、仮釈放されたばかりの暴力団組長・河村が撲殺された事件を担当。捜査方針に反発する玲子は、久しぶりに会った石倉(宍戸開)らに愚痴をこぼす。玲子は捜査中に抱いた違和感から、暴力団関係者以外の犯行だと推測し始める。そんな中、菊田(亀梨和也)と偶然、再会した玲子は、彼の変化に動揺する。その後、河村の事件のような撲殺事件が続発する。


  第1話  第2話  第9話

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック