「ストロベリーナイト・サーガ」最終回 感想

 渋い映像と渋い俳優さんたちの中、二階堂ふみと亀梨和也が熱演の最終話でした。 姫川の内面を台詞で表現。舞台劇のようでした。
 亀梨君、存在感が薄かったけど、最終回で少し目立っていました。
 事件そのものが暗く重いものばかりで、好き嫌いが分かれたドラマだったと思います。


 前の竹内結子版と比べられて、いろいろ批判されていましたね。

 それほど年月も経っていないので、演じる方も難しかったかもしれません。

 衣裳など華やかさで売る訳にも行かないし…。

 フジテレビのやや現実離れした派手な刑事さんたちが登場するドラマを見慣れているので、とにかく映像の色合いが地味だと感じました。
 でもこれもありかなと。

 真面目に作ってあるんだなと思いました。



あらすじ Yahoo!テレビより
池袋周辺で裏社会の人間達が消える、通称‘ブルーマーダー’による連続殺人事件を巡り、玲子(二階堂ふみ)は鍵を握る元警察官の木野(要潤)を発見。木野と銃撃戦を展開した勝俣(江口洋介)が、玲子と共に取り調べる中、木野の過去を知った玲子は、勝俣の言葉からあることに気付く。一方、菊田(亀梨和也)が追う指名手配犯・岩渕(大下ヒロト)に木野との関連が浮上する。


  第1話  第2話
  第9話  第10話


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック