自己完結した女~愛情は小動物にしか注がない

 皆で写真を撮った後、係の人が「メールで送ります。」って私たちに言ったよね。
 あの時、何で自分から言い出さないんだろう。
 私に「写真、送ってもらえるんですか?」って何で自分から聞かないんだろう。
 隣でただ黙っている。それが何の沈黙なのか。
 特に関心が無いのか。
 じゃあ、いったいどうやって写真を受け取るつもりだったの?
 私が全部取り計らって当たり前なの?
 すでに私が「動いて当たり前」がSの中で出来上がっている。
 
  *   *   *   *   *   *

 Sにとって私は便利屋。
 彼女は何でも引き受けてくれる「何でも屋」というお店にやって来たのだ。
 そして注文する。
 「~できますか?」と。

 Sは「何でも屋」という店の従業員に注文しているお客様。
 私は店の従業員で便利屋だ。

 「~できますか?」ってそういう事なんだ。
 お客の物言いだ。

 Sの深層心理が現れた文面だ。
 
 だから違和感と抵抗があった。


 Sは無意識に、私を便利で利用できる人と認識している。
 親しい友達でも信頼できる仲間でもなく。
 私に連絡すれば大抵の事はやってくれそうだと。

 それは無意識の領域の話だから。
 普段は私を立てて、丁寧に接している。
 意識はそうだ。
 礼儀正しく馴れ馴れしくもなく、どちらかというと遠慮がち。
 私を尊重している仲間だ。
 
 だが深層心理では私を便利な人と位置付けている。

 無機質で何の感情も入らないメールの文章。
 血が通っていない。

 ハムスターや猫、小動物を愛し植物を愛してはいるが、人間に対して情愛は無い。

 人に対しては不信が根強い。


  自己完結している人


  グズで鈍重~遅過ぎ重過ぎ厄介な女
  無様で不細工~プライドが高過ぎる女
  厄介な女~高過ぎるプライドと怠慢
  長い孤独の果て~歪な対人能力
  ふざけた女とお高くとまった女
  吃音だった女~歪なプライドと対人能力
  人付き合い小学生並みのアラフォー女