「TWO WEEKS」最終回 感想

 予想以上に爽やかなハッピーエンドでした!結城(三浦春馬)と有馬(三浦貴大)、すみれ(比嘉愛未)がどちらと一緒になるのかはハッキリさせずに未定の様な形でしたね。
 すみれはどちもを選べないですよね。
 結城は、はな(稲垣来泉)に時間をもらいます。
 はなが望んでいるように、大好きなパパと一緒に暮らせる日がこの先来るのだと思わせますが…。たぶん。
 そんな希望を抱かせて、今はお別れする…。
 ラストのはな(稲垣来泉)と結城のシーンが泣けてきました。
 子役の女の子、上手い


 それにしても…。 
 2週間の出来事は、あまりにも視聴者にとっては長かった。
 オンエアされてから次の週まで、視聴者には7日間という実時間があり。
 その時間の感覚とドラマの詰まった時間とが、どうにもしっくり来なくて…。

 じれったいし長く感じました。
 いっそ再放送で毎日オンエアされるのを観た方が、分かりやすい見方かも。

 

 逃げながら次々と出会う人との人間模様が描かれ…。

 終盤は早穂子(黒木瞳)や柴崎(高嶋政伸)との対決でしたね。

 謎だった灰谷(磯村勇斗)の正体も分かり、味方になってくれました。

 有馬も途中から結城を助けます。
 結局皆、結城を信じて目的を共有していきます。

 最初、冷淡だと感じたすみれも、結城の真実を知り、彼への理解を深めていきます。

 全てははなちゃんを救うため。
 かけがえのない、小さな無垢な命を救うのが使命。 

 そこへ一致団結する物語になってブレませんでした。


 悪役に汚いものを全部背負わせる形にはなりましたが…。
 無垢な存在の勝利のドラマでしたね。 


あらすじ Yahoo!テレビより
結城(三浦春馬)と早穂子(黒木瞳)の密会写真がリークされ、窮地に陥った早穂子は楓(芳根京子)にわなにはめられたとうそをつき、難を逃れようとしていた。そんな中、柴崎(高嶋政伸)の計画によりすみれ(比嘉愛未)がさらわれ、灰谷(磯村勇斗)の指示通りに奔走する結城は、柴崎が病院からはな(稲垣来泉)を連れ出したと知る。そして柴崎は、すみれの命とはなの命のどちらかを選ぶよう告げる。その頃、結城の機転によりすみれが拉致されたことを知った有馬(三浦貴大)が行方を探る一方で、楓は早穂子の秘密に迫っていく。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント