「サギデカ」最終回 感想

 取調室での廻谷(青木崇高)の語った振り込め詐欺を正当化する話はかなり恐ろしいと感じました。
 大切な人のために、進んでお金を出す人たち。それは脅されたものではないと言いますが、十分に身内を人質に取って現金を支払わないと立場がまずくなると脅してますよね。
 被害者の弱さや身内に対する依存的な考え。
 甘さ。
 それを上手く利用して否応なく金を出すように仕向けている。
 それは狡猾で巧妙な立派な犯罪ですよね。
 
 そうやって正当化する事で資金を活用してきたのでしょうが。

 新薬開発という表の顔が嘘っぽく作られているような気がします。


 時効が成立していないので起訴できるかもという、今宮(木村文乃)の訴えに手塚(遠藤憲一)は渋々捜査に乗り出す様子。

 ぜひ逮捕して証拠のテープの声紋などで立件して欲しいですね。



 ラストの加地(高杉真宙)との対話は自然体で良かったです。
 未来に希望の持てる会話でした。

 焼き鳥屋で金銭感覚を取り戻すようにと今宮。
 出所した後の身の置き所、心の拠り所があって…。
 救われた感じがします。
 




 詐欺グループのアジトに突入するシーンなどリアルで迫ってきました。
 下調べ、下準備、長い時間とエネルギーを費やして犯罪者を追い詰める刑事たちの姿に感動しました。



あらすじ Yahoo!テレビより
拉致された加地(高杉真宙)の行方を追う今宮(木村文乃)達だが、手掛かりはない。失意のうちに帰宅した今宮は表で待っていた廻谷(青木崇高)から「話がある」と言われる。その後、加地が走る車のトランクの中から今宮に電話をかけてきた。拉致の状況を断片的に語る加地の声を頼りに、今宮や手塚(遠藤憲一)らは組織の‘番頭’(長塚圭史)および‘首魁(しゅかい)’(田中泯)の動向を探る。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント