「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第1話 感想

 ブチ切れたような演技、演出に引きながらも最後まで観てしまいましたチャラ過ぎるお兄さんが藤阿須加だとは気づきませんでした。井浦新も変な登場の仕方で…髪型も何となく変…。
 久しぶりに見た細田よしひこが少し大人になった印象。刑事役なのね…。ちょっとウザい。( ̄■ ̄;)篠井英介は警察関係、あるいは医療関係で地位のある悪役ばかりって感じ。ワンパターン。北村一輝は落ち着いたキャラ。杉本哲太も渋~い。

 賀来賢人をはじめ、魅力的な俳優さんたちが勢ぞろい。
 それはそれで興味あります。

 しかし、あっけにとられるシーンが次々と。

 青年向けコミックのような。
 土砂降りの雨の中、アクションシーンが激しかったね。
 男の子が好きそうなシチュエーション
 よく分からんけど…。


 主人公が碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑をかけられ、未解決の「十億円強奪事件」の真相がこれに絡んでくる…

 一応謎解き。(;^_^A    

 回を重ねるごとに面白さがアップすることを願います
 




 エンディングのサザンの曲にまたキョトンとしてしまった。
 いや、これも意表を突く形で後々納得のいく選曲なのか



あらすじ Yahoo!テレビより
数カ月の記憶を失った状態で山中で目覚めた警視庁捜査一課の刑事・清春(賀来賢人)は、銃を手にした自分の傍らに上司・薫(広末涼子)の遺体を見つけ驚く。自身の痕跡を消した清春だったが、問題を起こしては薫と衝突していた彼に、捜査一課長・南武(北村一輝)らは疑いの目を向ける。公安部の才門(井浦新)も動き出す中、清春は薫の息子・克喜(田野井健)を預かることになる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント