「G線上のあなたと私」第3話 感想

 シャッター・ドン!がなかなか良かった。中川大志、酔ってる演技も上手いね!也映子(波瑠)との距離が一気に縮まった第3話。二人になった発表会だけど、幸恵(松下由樹)も居ました。病院でエアヴァイオリンのシーン、何か切なかったです。
 お姑さん、わざと頭痛と言って困らせてるのだと思ったけど、違ったのね。

 理人は演奏が終わってすぐに、也映子のいる前で告白。
 眞於(桜井ユキ)先生は自分の立ち位置をハッキリさせました。

 あれでいいんだと思いました。堅実な回答です。

 自分が職場にしている教室の生徒と、それも元カレの弟。
 付き合うには、あまりにもややこしい関係。

 しかも理人(中川大志)はまだ大学生だし、子供っぽい。
 頼れない。
 いざという時に自分が大変…ですよ。




 也映子(波瑠)は自分が降られた時の痛みを知っているからこそ、理人の気持ちが分かって泣きます。

 お酒が入ってるからだけど、正直でいい。
 本音だけで付き合えるお互いの姿が清々しかった。

 このまますんなり恋愛モードにはならない気もしますが…。

 もう少し友情、仲間としての絆が強くなればいいな。
 幸恵も一緒に3人で。




あらすじ Yahoo!テレビより
発表会を控え、練習に熱が入る也映子(波瑠)らは、眞於(桜井ユキ)が男性生徒に誘われる場面を目撃。ぶぜんとする理人(中川大志)に、眞於はきつい言葉で指導を行う。レッスン後、幸恵(松下由樹)は理人に、眞於とバイオリンでつながろうとするのをやめるよう忠告。対する理人は幸恵にも、発表会で眞於に気持ちを伝え、断られたらバイオリンをやめるという決意を告げる。

「シャーロック」第4話 感想

 ディーン様のボクシング姿、決まってたね。何か今回のディーン様、楽しんでて、ご機嫌なのが伝わってきました。
 若宮(岩田剛典)も事件捜査に協力。貢献してますね!
 前もそうだったけど、若宮は優しいから年配の女性に聴き取りをするのにいい感じ。
 相手が警戒せずにリラックスして当時の事を話し、自分の気持ちや細かい状況説明などを伝えてます。


 ジムの会長、配役が金子ノブアキ。
 きっと何か絡んでるだろうと思いましたが…。

 石橋(金子ノブアキ)、梶山(矢野聖人)を嫌いだった。
 なのに面倒みて来たんだね。

 世界チャンピオンまでよく育て上げたよ。(笑)
 そんなの愛がないとできないよ。

 それより勝る憎しみかぁ。
 屈折し過ぎてるね。
 一人の女性をめぐる愛憎劇。

 獅子雄に真相を暴かれた後、石橋の感情を爆発させた場面。
 金子ノブアキ、演技が凄かった。





 ディーン様、「G線上のあなたと私」にぜひゲスト出演して下さい。
 局は違いますが。(笑)


あらすじ Yahoo!テレビより
ボクシングの世界王者・梶山(矢野聖人)が試合直前に姿を消し、1時間ほど前に起きた殺人事件の現場で目撃されたことが判明する。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は、その殺人事件の被害者の村川がかつて公園の遊具のロープを切る事件を起こし、重傷者を出していたと知る。一方、梶山の控え室にあった女性物の傘に注目した獅子雄は、ジム会長・石橋(金子ノブアキ)に質問する。


「グランメゾン東京」第2話 感想

 まんまキムタクなので笑えてしまった。この人演技してないんじゃない?って感じるくらい。キムタクがそのままドラマの中で生きて話して皆を巻き込んで困らせて。それでも周りは仕事にかける情熱に動かされ、いつの間にかついて行ってしまう。
 そういうパターンよね。(笑)

 だいたい人の家のキッチン使い放題。
 勝手に上がり込んで居座って、資金を出させて。
 いる?こんな人。

 料理がそんな凄いのか。

 ただ前を向いて歩いている。
 そこが凄いよね。
 全然、ネガティブじゃない。明る過ぎて眩しい。
 憎めない。

 いい迷惑してるのに、料理(ソース)の味に惹かれていく。
 
 ザ・キムタクドラマ、ここにありって感じ。



 いずれ周囲の人全員が協力していきそう。
 料理を丁寧に撮ってある。
 プロが作ったこだわりの数々。



 なずの料理、テレビじゃ味が分からない。残念。(笑)



あらすじ Yahoo!テレビより
高級フレンチ「グランメゾン東京」開店のため動き出した尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)、京野(沢村一樹)。ところが、開店資金の調達に行った京野は銀行から「有名な料理人の名前が必要」と言われてしまう。京野は、パリ時代の同僚で人気料理研究家の相沢(及川光博)に声を掛けるが、相沢は拒否。妻が家を出た後、帰国して幼い娘を育てながら働く相沢の事情を知った尾花は…。


「4分間のマリーゴールド」第3話 感想

 みこと(福士蒼汰)がどっちつかずでモタモタしてるから、沙羅(菜々緒)の方が告白しちゃった!!両想いでいいじゃん!
 血はつながってないんだし、別に禁断の愛とか大げさなもんじゃないよ。
 みことの同僚の女の子、恋愛アドバイスが納得できました。
 言ってる通りで、相手の気持ちがどうとか、優柔不断で男子としてはNGだよ。

 広洋(佐藤隆太)や藍(横浜流星)とは一緒に暮らせないだろうな。

 もう成人してるんだし、二人で一緒に家を出たらいいと思います。


 どっちにしても生活感の無い家族。
 設定が自然じゃないね…。
 
 みことも山崩れ現場に向かうんなら、サッサと行こうよ。
 救命救急士なんだから。
 沙羅とはいつでも抱き合える。(笑) 




あらすじ Yahoo!テレビより
廉(桐谷健太)の親友でフリーカメラマンの広洋(佐藤隆太)が帰国した。花巻家で、藍(横浜流星)の作った食事を共に楽しんだ広洋は、沙羅(菜々緒)を海外での仕事に誘う。まんざらでもない様子の沙羅に、みこと(福士蒼汰)は複雑だ。そんなある日、結婚式場から通報が。花婿の敦志(尾上寛之)が必死に呼び掛ける中、みことは倒れている花嫁・美亜(とももともも)の運命を見てしまう。



「グランメゾン東京」第1話 感想

 キムタクの嫌いな人は、ストーリーに入って行けないだろうなぁ。結構面白いよ。鈴木京香の魅力全開だったし、最初のパリのロケも良かった。
 サクセスストーリーなので少しづつ周囲の理解と協力を得て、爽快な盛り上がりへとなだれ込んでいくんだろうなぁと思います。

 料理がこんな芸術作品のように描かれるなんて。

 凄いね。

 親しみやすいまかない食ですら、聞いたこともない食材が使われていて。



 ワインの質を下げるよう指示されるシーンは、こういう世界のある種の裏。

 ザラついた経営効率優先の世界観ですね。

 夢はないですね。 
 
 こだわりと現実と…。
 そういうのも考えさせられるドラマです。



あらすじ Yahoo!テレビより
仏パリの三つ星レストランで面接に臨む倫子(鈴木京香)は、同店で働いていたという男(木村拓哉)から突然、作るべきメニューを教えられる。その男こそ、二つ星を獲得しながらもある事件で表舞台から姿を消したシェフ・尾花。面接に落ちた倫子は、再会した尾花の料理を食べ、そのおいしさと自身の力不足に涙をこぼす。尾花はそんな倫子に、一緒に店をつくろうと告げる。



「G線上のあなたと私」第2話 感想

 発表会でドレスを着て、それからメルカリで売って少しづつ気持ちに区切りをつけようとしている也映子(波瑠)。しかし家では早く次の職を探すように母に言われ、婚約破棄された自分に周囲は優しくないと独白する。
 職と恋人を一気に失うのは辛いものだ。
 この極端なアクシデントに普通は耐えられないと思う。 
 仕事をしていれば気もまぎれる。でも無職になったら虚ろな状態で放り出されたも同じ。

 設定はかなり酷だと思う。

 一方、理人(中川大志)は告白するでもなく、音楽教室で週一回側にいる状況を作り、迷いながら過ごしている。
 それを也映子(波瑠)や幸恵(松下由樹)に打ち明ける。
 いろいろオープンにしている、純粋さ。
 でもこんな男の子頼れるかなぁ?(笑)

 幸恵(松下由樹)は夫の浮気を許す代わりに習い事に出て…。
 それでも姑に気を使い続け。
 何にも報われない。
 いっそ別居しちゃえばと思う。
 あのリッチな邸宅での生活を手放すのはそう簡単ではないか。
 息の詰まりそうな毎日より、自由を手にして欲しい。(笑)




あらすじ Yahoo!テレビより
結婚式の二次会で使うはずだったドレスを着て、発表会に臨むと決めた也映子(波瑠)。理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)と「G線上のアリア」を弾きたいと願うが、眞於(桜井ユキ)の判断により演目は別の曲になる。発表会後、さらなる上達を目指す3人は、再挑戦を誓い幸恵の家で練習会をすることに。その道中、也映子は、理人が兄・侑人(鈴木伸之)や眞於に抱く複雑な思いを知る。

「シャーロック」第3話 感想

 若宮が積極的に捜査に協力するようになりましたね。だいたい最初から一緒に暮らす事もそれほど拒否してないし。(笑)同居して事件捜査に十分入り込んでる第3話。(笑)若宮にとってそれも新しい仕事なのかもしれない。何もしないで部屋で一人きりよりずっと良いかも…です。
 地面師詐欺の解決は、獅子雄(ディーン・フジオカ)が取引の場に立ち会って、一気に謎解き。


 5年前の詐欺事件で現場で家政婦をしていた女性に元加害者が近づき、そして誕生日プレゼントに木彫りの箱を渡します。

 以前船に乗っていたそうで、蓋は帆船が彫られていました。

 若宮はそれを振って、中に何かが入っていると気づき。
 写真を見て驚きます。

 捜査二課の女性刑事、利枝子(伊藤歩)が加担していたとは…。 
 
 被害者の側に並んでいた細い木の枝はモールス信号だったのですね。

 「ほ」という文字は、家政婦の細川保奈美を指していて、彼女に連絡するようにとのダイイングメッセージでした。

 取調室での利枝子の笑いが印象的でした。




あらすじ Yahoo!テレビより
東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子(伊藤歩)が現れる。


「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第2話 感想

 やっぱりサザンの曲が合わない!!世界観が全く違う。ラストにイントロが流れた瞬間、ガクッとなった。『愛はスローにちょっとずつ』すごくいい曲!だから何でも使えばいいってもんじゃない。

 内容を真剣に観ている視聴者も多いよ。

 それなりに入って行ってると、ここで「えっ?何で。」と感じる。

 今回は井浦新でしたね。
 本編とのギャップを楽しんでって事


 何か意図や理由があっての選曲…なのかな。



 
 本城(篠井英介)の娘役の人、代役で急遽決まったみたいだけど、上手いね。
 車を預かっただけなのに。
 本城さん、撃たれて亡くなって悲惨でした…。

 第2話で退場なのかぁ。



あらすじ Yahoo!テレビより
薫(広末涼子)の殺害事件で理事官の本城(篠井英介)ら捜査一課の家宅捜索を受けた清春(賀来賢人)は、不審な行動をする人物に気付き、行きつけの喫茶店店主・深水(笹野高史)と娘でライターの咲良(夏帆)に克喜(田野井健)を守るよう頼む。名越(工藤阿須加)と共に、鍵を握る「10億円強奪事件」の関係者と目される人物を訪ねた清春。一方で才門(井浦新)が薫の班に加わる。



「4分間のマリーゴールド」第2話 感想

 みこと(福士蒼汰)が藍(横浜流星)に自分の不思議な能力を打ち明けるシーンが良かった!藍の繊細な感受性がそうさせました。横浜流星の演技、心情がリアルに伝わってきました。
 初回は料理担当の高校生って設定に不自然さを感じたけど。これまでのいきさつも語られ納得。

 みことは病気に関していろいろ調べます。
 沙羅(菜々緒)に人間ドックの受診を薦め、結果は異状なし。
 今は大丈夫だけど…ということなのでしょうか?
 





 菜々緒が足を出し過ぎるという意見が結構あるんだけど…。

 そろそろ秋めいてきたし、ロングスカートの方がいいね。(笑)



あらすじ Yahoo!テレビより
みこと(福士蒼汰)らは救急出動要請を受けて、老婦人・和江(松金よね子)の元へ向かう。和江は息子の命日が近づくと寂しさから救急隊に連絡をしてくるため、みことの上司・江上(三浦誠己)らも対応に苦慮していた。一方、‘死の運命’を変えたいと強く願うみことは、沙羅(菜々緒)に人間ドックの受診を薦める。藍(横浜流星)は、そんなみことの様子に違和感を覚える。





「G線上のあなたと私」第1話 感想

 3人の抱えてる事情がそれぞれ分かり、自分目線とは違う角度から物事を指摘され、気づきを得た。そんな静かで深いメッセージのあった初回でした。
 想像していたのとは違って、ほろ苦さもあり、笑いもあり。
 自然体の登場人物が魅力的でした。

 軽くはない人生。
 他人から見たら不幸そうでも、可哀そうとは思われたくない。

 「好き」と簡単には言えない。

 46万円の慰謝料…。

 いろいろツボにはまりました。 

 


 「G線上のあなたと私」次回も楽しみです。




あらすじ Yahoo!テレビより
也映子(波瑠)は寿退社間近になって、恋人の智史(森岡龍)から婚約を破棄される。放心状態の也映子は、ふらっと立ち寄ったショッピングモールでバイオリン講師・眞於(桜井ユキ)が演奏する「G線上のアリア」を聴き、彼女が勤める音楽教室に通うことを決意。バイオリン体験レッスンに参加した也映子は、大学生・理人(中川大志)と主婦・幸恵(松下由樹)と同じクラスになる。




「シャーロック」第2話 感想

 ディーン様は前回より控えめな感じ。若宮の部屋に強引に入り込んですんなり同居。
 若宮は初回、不正で医学部に入学したという設定。そこらへん何となく中途半端な立ち位置ですね。
 江藤礼二(佐々木蔵之介)も出入りし、獅子雄と行動を共にして事件捜査に協力。
 バイクの後ろに乗る獅子雄。
 完全に足として利用されてますが…。(--;
 

 菅野美穂の存在感が圧倒的でした!さすがですね。
 あの目力、人の欲望と哀しみと…様々な感情の入り混じった表情。
 迫ってきました。
 「ルパンの娘」で悲恋に終わった岸井ゆきのが菅野美穂の事務所のバイト。きっと何かあると思わせる配役。


 しかし、最初自殺だと思われていた女性は結局事故?他殺?

 曖昧な感じでした。

 




あらすじ Yahoo!テレビより
江藤(佐々木蔵之介)に呼ばれた獅子雄(ディーン・フジオカ)は、同居人の若宮(岩田剛典)を伴い警視庁へ。列車にひかれて亡くなった女性が、所持品が示す「博美」とは別人だという。獅子雄はこの‘成り代わり’の謎を追い、婚約者・佐々木(内村遥)や過去に博美の弁護を担当した弁護士・藍子(菅野美穂)に会う中で、藍子の事務所のアルバイト・美沙(岸井ゆきの)に着目する。

「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第1話 感想

 ブチ切れたような演技、演出に引きながらも最後まで観てしまいましたチャラ過ぎるお兄さんが藤阿須加だとは気づきませんでした。井浦新も変な登場の仕方で…髪型も何となく変…。
 久しぶりに見た細田よしひこが少し大人になった印象。刑事役なのね…。ちょっとウザい。( ̄■ ̄;)篠井英介は警察関係、あるいは医療関係で地位のある悪役ばかりって感じ。ワンパターン。北村一輝は落ち着いたキャラ。杉本哲太も渋~い。

 賀来賢人をはじめ、魅力的な俳優さんたちが勢ぞろい。
 それはそれで興味あります。

 しかし、あっけにとられるシーンが次々と。

 青年向けコミックのような。
 土砂降りの雨の中、アクションシーンが激しかったね。
 男の子が好きそうなシチュエーション
 よく分からんけど…。


 主人公が碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑をかけられ、未解決の「十億円強奪事件」の真相がこれに絡んでくる…

 一応謎解き。(;^_^A    

 回を重ねるごとに面白さがアップすることを願います
 




 エンディングのサザンの曲にまたキョトンとしてしまった。
 いや、これも意表を突く形で後々納得のいく選曲なのか



あらすじ Yahoo!テレビより
数カ月の記憶を失った状態で山中で目覚めた警視庁捜査一課の刑事・清春(賀来賢人)は、銃を手にした自分の傍らに上司・薫(広末涼子)の遺体を見つけ驚く。自身の痕跡を消した清春だったが、問題を起こしては薫と衝突していた彼に、捜査一課長・南武(北村一輝)らは疑いの目を向ける。公安部の才門(井浦新)も動き出す中、清春は薫の息子・克喜(田野井健)を預かることになる。





「4分間のマリーゴールド」第1話 感想

 白い灯台の見える風景は美しく、音楽も抒情的で雰囲気はとても良かった。女の子の好きそうなシチュエーションがいっぱい。血のつながらない姉に恋をする青年。手のひらを合わせると相手の最期の時が見え。不思議な能力を持ったみことは姉の運命を知り、何とか変えようと抗う。
 その主人公を演じるのが福士蒼汰…。
 菜々緒もどこから見ても絵になるし、美男美女の物語。


 それにしても…。
 大人になった兄弟4人が一つ屋根の下で仲良く暮らす描写といい。
 料理を作るのが趣味(?)な高校生の男の子といい。

 姉の誕生日にケーキを手作りする弟なんているの?現実に。

 それは誰にとって都合がいいのか?
 同居する唯一の女性、ヒロインですよね。
 食事作りと買い出しを引き受けると、母親の役割を担うから所帯じみてしまって、恋愛モードにはならない。

 女性向けに甘くて嘘っぽいもの満載にしてありますよね。

 そういう都合のいい設定にやや引きましたが。



 更に…。
 恋愛、SFとテーマがいくつもあって複雑に絡んでいます。
 人を愛する切なさ。
 人の寿命や運命を変えようとする神の領域に踏み込む世界観。

 どうなる事やら…。^^;




 菜々緒がこれまで演じてきたのは、どちらかというと強い女性、仕事のできる女性、または悪女…が多かったような。
 このドラマでは優しく繊細で清潔感のある沙羅。

 意外なところでいいかも。


 桐谷健太はガサツ過ぎてイマイチ。
 横浜流星はどうストーリーに絡んでくるか楽しみではあります。
 

あらすじ Yahoo!テレビより
救急救命士のみこと(福士蒼汰)は、自分の手を他人の手に重ねると、相手の‘死の運命’が見えてしまう特殊能力の持ち主。その運命を覆せたことはなく、悩みながらも仕事に打ち込んでいる。一方、みことは父親の再婚できょうだいとなった義兄・廉(桐谷健太)、義姉・沙羅(菜々緒)、義弟・藍(横浜流星)と仲良く暮らしているが、実は沙羅に思いを寄せていた。ある日、みことは心筋梗塞で倒れた男性・久司(原田文明)の心肺蘇生を行う。久司の死の光景を見たみことは運命を変えようと手を尽くし蘇生に成功するが…。


「同期のサクラ」第1話 感想

 大人になると本音と建て前を上手く使い分けて世の中渡っていくのが、賢い生き方。なんだけど、それができない素朴さと純粋さ。ヒロイン見ていてハラハラさせられる。新入社員なので最初は様子見して、慣れてから発言すればいいのですが…。
 でも媚を売らない姿勢はうらやましくもあり。
 関わる周囲の人たちは大変ですね。
 一切の妥協を許さない割には、模型作りは同期の研修生に任せきり。
 そしてラストの耐荷重の段階になって、理想の模型を持参。(笑)

 やっぱドラマだなぁって。
 一晩で自分一人で手作りできるんなら、最初からして下さいって。(笑)

 他の新入社員は希望の部署へ配属されましたが。
 サクラは土木ではなく、人事。

 社会に出て器用に生きていけない。
 でも信念と揺るぎのない価値観がどう反響していくのか。
 






 これから毎回1年という時間の流れがあるようで。

 じれったくなくていいですね。

 楽しみです。(*^^*)



あらすじ Yahoo!テレビより
2009年、大手ゼネコン「花村建設」の入社式に、幼い頃から故郷・新潟の離島に「橋を架ける」ことが夢だった新入社員のサクラ(高畑充希)の姿があった。式での突拍子もない言動で、人事部長・黒川(椎名桔平)や新人の世話役・すみれ(相武紗季)を慌てさせたサクラは、その後の新人研修で、事務職志望の百合(橋本愛)、野心家の葵(新田真剣佑)、応援団出身の菊夫(竜星涼)、設計士を目指す蓮太郎(岡山天音)と同じ班になる。班のリーダーを任されたサクラは共同作業の「模型作り」に一切妥協を許さず、他の面々は振り回される。






「シャーロック」第1話 感想

 冒頭から息をつかせないスピーディーな運びでディーン様登場するシーンもあっけにとられる感じでした。
 ディーン様の演じる獅子雄の厚かましさと感じの悪さといったら…。
 ちょっと癖のある演出ですよね。
 アクが強いっていうか…。
 付いて行けるのかと思いましたよ。(--;

 謎解き、事件の真相はまあまあ面白かったです。

 ヒントがいろいろ散りばめられてたんですね。
 赤羽(中尾明慶)の妻が左利きなのを、急須を手渡すシーンで教えてくれて。

 ディーン様、写真の破り方を斜め見してましたね。

 他、謎解き好きな視聴者にはまあまあな内容だったのでは?

あらすじ Yahoo!テレビより
東京都内の病院の中庭で、勤務医・赤羽(中尾明慶)の遺体が見つかった。警視庁捜査一課の警部・江藤(佐々木蔵之介)と部下・クミコ(山田真歩)は、赤羽が屋上から突き落とされたとにらみ、夜勤の看護師・麻里(松井玲奈)らに事情聴取する。同行するのは、ずば抜けた観察眼と天才的な思考回路で江藤に協力する犯罪捜査専門コンサルタント・獅子雄(ディーン・フジオカ)だ。獅子雄は、院内での事情聴取の最中、静かにその場を立ち去った精神科医・若宮(岩田剛典)に注目。彼が何らかの真実を握っていると察知し、調査を開始する。