「グループRの終焉」

 23日久しぶりにグループRに顔出しをした。私を入れて4人のミーティング。2人は古くからの主要メンバー。私とあと一人は初めて訪れた男性だった。
 グループRは終わった。
 そう感じた。
 『人材の宝庫』という言葉があるが、人って宝物だと思う。
 初めてグル-プを訪れた時、その活気に圧倒された。
 テーブルを部屋の外に出して、椅子を壁際に並べてそこに集まってきた仲間が座る。
 壁伝いにぎゅうぎゅう詰めの感じだった。

 宝の箱を開けたような感動があった。
 自分と同じ境遇の人たちがこんなにもいたのかと。

 ミーテイング終了後は部屋の外の事務所内で自由にメンバー同士が話す。

 事務所が閉める時間になると近くのバーガーショップに移動して、再びフェローが始まる。

 それが終わって帰宅すると深夜12時近くになっている。
 だけど疲労感など無かった。
 充実感と高揚感。
 エネルギーをもらった。
 それがグループRの私の中の思い出だ。

 衰退し、パワーを失くした。
 何の感動もない。
 15年以上前から分かち合いの内容が同じ仲間。

 これといった進歩発展はない。
 「今」を生きていないのだ。
 この人には「今現在」が無い。

 かつて大勢の人、仲間が集ったグループR。
 仲間の一人一人が宝石であり輝きがあった。

 しかし今は生気のない死んだグループだ。

 か○さんは愚かだ。
 人は無限に集まってくるものだと思い込んでいたのか…。
 評判は自分たちの耳には入ってこない。
 自分の知らないところで事実やそれに伴うイメージは広がる。
 成長のない主要メンバー。
 女性メンバーは離れていき、もう2度と帰ってこない。

 ここへはやって来ないのだ。

 しかし当日の読み合わせは価値あるものだった。

 考え過ぎるのは良くない。

 明日のイベントをどうするかの答えを出す事ができた。



尼崎の異常な家庭
 №1 折れた乳歯
 №7 父はギャンブル依存症
 №8 周囲と協調しない母
 №9 一生分のストレス
 №10 他人より遠い親

 神経を尖らせた暮らし
 同級生が抜け出す街で~ギャンブル依存症の家族

 社会の歪と機能不全家庭
 自助グループに通っています
 大脳辺縁系の問題~異常な家庭に育った弊害

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント