「10の秘密」第6話 感想

 「大嫌い。」お母さんと呼ばれるのが…。圭太に居場所を突き止められた由貴子。誘拐したのはお母さんだと瞳に真相をバラされます。そして本心を話し始めます。
 瞳にとって惨酷な現実。
 3人でいっしょに暮らしたいと願い続けていましたが。

 ラストは隠し場所にあった3億円が消えていました。

 これは場所を貸してくれた男の仕業
 それとも別の誰か


 最初から母性など無かった女。
 その彼女と結婚した圭太。
 ただただ単純に娘の事を思ってはいるが、元妻の正体を見抜けないまま問題を大きくしてしまった感じですね。

 お金への執着だけ。
 愛を信じない冷徹な生きざま。

 関わること自体、危険な気がします。


 翼の母親を訪問してきたのは竜二(渡部篤郎)なんでしょうか…。
 菜七子(仲里依紗)にもきっと秘密がありそうなので、それも早く知りたい。
 でも由貴子みたいに悪者ではなさそう。


あらすじ Yahoo!テレビより
元夫婦の攻防を知った竜二(渡部篤郎)が圭太(向井理)を訪ね、手を組もうと取引を持ち掛ける。手駒のはずの圭太に3億円を奪われ憤る由貴子(仲間由紀恵)は、金の隠し場所を突き止めようと画策。母親を求める瞳(山田杏奈)の思いを巧みに利用して反撃を試みる。たとえ実の娘だろうと手荒な真似も辞さない由貴子の胸中を察した圭太は、覚悟を決め、瞳にある事実を告げる。