二枚舌~言葉の重さを知らない女

 私は井上がどんな性格なのか見極める事ができなかった。
 「おねだり」に便乗し、「軽口」に同調し流されてしまう。
 (その場の空気に合わせたい気持ちが強く。)
 その結果、身の丈に合わない自動車運転免許の取得に奔走する。

 仮免の時期、丹羽は不穏な態度を見せ始める。
 気が変わったのだ。
 井上は会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『楽しみにしてる。』『旅行へ行く、早く行きたい。』と乗り気で話し、行く気満々だったので信じたし安心してた。
 間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。
 井上の言葉を常に信じた。

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。
 丹羽は取り付く島の無い態度でいる。

 言葉が通じない
 そう感じた。



 何一つ届かない。
 悔しさも怒りも、理解してない、通じない。
       あれも嘘これも嘘~言葉が通じない人達より

 (井上理恵は)
 金銭の節約、倹約など考えた事も無い。
 お金の心配をしたことが無い。
 不安を感じたことなど一度も無いはず。
 

 欲しい何かを我慢して貯金した事がない。
 預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。
 ねだって生きる。
 それが井上の人生観、価値観だから。


 それで1年先の計画を立てる。

 約束の重さも知らない。

 言葉の重さも知らない。

 実行しなかった時、相手がどれだけ傷つくかも知らない。


 井上の「おねだり」が私と丹羽の接点。
 プライベートでは最初から共通の話題が見い出せなかった。
 趣味も価値観も違い過ぎた。
 「どっかへ遊びに。」「旅行に行きたい。」
 そんな井上の『欲しい』が私と丹羽の接点。

 井上のおねだりが無ければ距離があった。
 いい距離を保ったまま、付かず離れずで傷つかずに済んだ。 
  
 自分を知らない女の子は罪だ。

 罪深いと思う。
       迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪より

 なぜあんなにすぐねだる事ができるのか不思議だった。
 遊びに「連れてって、連れてって。」
 車に「乗せて乗せて。」

 甘えるのに慣れてる女の子だ。
 自分を甘えさせてくれる相手をすぐ見分ける。
 嗅覚というやつだろうか…。
 

 物怖じせず気軽にねだる井上に、私は内心驚いた。
 私は、幼少時から物をねだっても買い与えられなかったり、望みを叶えられなかったので、あきらめる癖が付いてる。
 欲しいものを我慢して成長した。
 希望を口にしないで大きくなった。
 決して願望が無い訳じゃない。

 いつもおねだりして願いを聞いてもらえた女の子との落差。
 私は自分からは言い出せない。
 言い出さないが、井上のおねだりに便乗する形でレジャーに加わってた。

 おねだり攻撃する井上と、それを聞いてお世話する丹羽。
 ただ付いて行くだけの私…。



 二人ともこれまで周囲にいないタイプの友達だった。

 そして仲良くやって行きたいと言う気持ちが強く働いた。

 なので無理しても合わせて行こうとした

       甘え慣れた子と無理して合わせる子より



約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  約束を守らない友達~消えた北海道旅行
  無責任女が夢を砕く~生育環境の落差
  見下すのは平和な家の子
  踏んだり蹴ったり~親切心に潜む悪意  

  惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許

裏切るのは豊かな家の子~残酷な旅行計画

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。
 思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。


 *   *   *   *   *   *   *   *   *

 丹羽登紀子のお父さんは普通の会社員で、お母さんは看護師だと言っていた。
 共働き家庭だ。
 そして兄と弟がいる。
 お兄さんはすでに社会人で働いている。
 働き手が複数いるから、その家の女の子は家事手伝いをする。
 時には家族を駅へ送り迎えをし、家事をしていれば誰にも文句を言われない。

 自分で得た収入で大きな買い物をした事は無い。目標金額のお金を貯めた事が無い。家族におねだりと甘えるのが当たり前の生活。
 子供の頃からのそれが当然の暮らし。
 バイト経験はあっても、それはお小遣い稼ぎ。
 両親は長男の就職祝いに車をプレゼントし、そのお兄さんは休日にスキー、サーフィン、ゴルフを楽しむ。
 郊外の一戸建てに家族5人で暮らす日々。

 それだけの人生つまらないから、電子オルガンを教える。
 収入を得るのが目的ではない。
 人付き合いと社交の場を求めていたのだ。
 

 井上理恵も共働き家庭だ。
 兄が一人いる。
 お母さんは保険の外交員をしていると言っていた。
 普通の事務職より高収入。
 丹羽の母親、看護師長(?)もそうだ。
 お母さんの収入が一家をより豊かにする環境。
 家にいる時間が少ない分、埋め合わせで子供に注がれるのは遊興費、教育費。
 楽器や月謝、楽譜代は親が全部支払ってきたはずだ。
 井上もお兄さんもスキーが趣味らしい。
 兄妹でスキー板など一式を所有し、シーズンには装備して出掛ける。

 井上も丹羽もバイクや自転車を使っていた。
 自宅の駐車場は家族の持ち物でいっぱいに違いない。


 彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。
 皆が力を合わせて過ごす家。

 深刻なトラブルの無い平穏な家庭。 

 そんな環境で育ち、それが当たり前でいる女の子。
 自由にのびのび暮らしてきた。奔放に遊んでても何も困らない。

 特に大金持ちってわけではない。平均的な家の子だと思う。
 彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。
 だけどあまりに甘く何もかもが通用し、平和過ぎる。





 私一人が気の進まない二人を強引に誘った訳じゃない。
 3人の意見をすり合わせて決めた。
 丹羽がまだ行った事の無い北海道へと行き先が絞られて計画を立てた。
 盛り上がったその時の状況は二人が一番よく知ってるはず。
 だからエネルギーと時間と費用をかけて私は教習所へ通った。
 絆を信じて。
 目標がある、そのための免許取得、そう信じて。


 
 欲しいものを我慢して節約した。
 電車とバスを乗り継いで通った。
 雪の降る日が続き、凍えながらバス停で待った。



 
 井上が最終的に旅行できないと返答した後、丹羽は兄がサーフィンやゴルフに行くと話を振ってきた。
 
 丹羽は私が仮免取得したあたりから態度を変え始めた。
 元々免許が有って運転し慣れてる丹羽ひとりに、どうしても負担がかかる。
 だから鬱陶しくなったのだ。

 丹羽は北海道へのレンタカー旅行に行けなかった事を内心喜んでいたと思う。

 だけど私に悪いから、兄のレジャー、サ-フィンはどう?みたいな感じで言ってきたんだ。
 そうやって話がどんどん違う方向へ行く。
 サーフィンにゴルフ…。
 私がそれを始めようとしたらまた一から準備しないといけない。
 教習所に何のために通って免許取ったのか分からないし、それ全く生かせないし、今度は別の、よりお金がかかる遊び。
 もうついて行けないと思った。
 それにお兄さん絡みだとまた肩身が狭いレジャーになる。
 丹羽は自分の兄だから何の気兼ねも無くていい。
 ふんぞり返って大きな態度でいてもいい。気楽だ。
 でも私は違う。それじゃ全然意味が無い。



 
 深い考えとか無い二人。
 その時の思い付きと気まぐれ。

 とにかく荒っぽい。
 教習所へ「もう申し込んだ!?」
 あの時の強引な物言い。
  
 私は両親が離婚した事は話していた。
 母と二人暮らしなのは知っている。
 二人とも私のマンションを訪れた事がある。
 阪急もJRも徒歩すぐで、自転車も要らない便利な場所に住んでるって知ってた。
 知っててこれ…。


無責任女が夢を砕く
 自分が言った事に責任持たずに、最後は家族のせいにする。
 お金を出さない家族が悪いかのような言い訳。
 井上理恵個人との約束のはずが、最後は井上の家族全体と向き合わされてる様な嫌な気分にさせられた。
 どんなに時間がたってもこれに納得できない。

 井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだった。
 言ってる事とやってる事が全く違った。
 蓋を開けてみたら全部が実行されてない。
 
 方向転換をするにも間際過ぎて夏の予定が立たなかった。


 井上は冬の間、スキー旅行を繰り返してたから自分は充分楽しんでてそれでいい。

 私は節約しながらの教習所通いだった。
 夏の大きな計画のための。
 それ2か月前に白紙に…。

 他の友達をあたるにしても、免許を持ってる人なんていない。
 それに急過ぎて。
 夏の旅行に誘っだけど、戸惑ってた。
 付き合ってはくれたけど、ツアー申込は行ける場所が限られ、結局近場で間に合わせるしかなかった。
 特に行きたい場所でもなかった。
 でもそこにするしかなかった。

 惨めで苦しい夏…。


 ギリギリまで騙され続けた感覚が消える事なく残っている。



 同時期に電子オルガンの講師になった人たち。
 仲良くやって行きたいという気持ちがあった。
 趣味が合うとか気心が知れたとまでは行かなかったけど。
 でもまさか。
 ここまでいい加減で、こんな結果になると思ってなかった。



 免許を取ったのが失敗だと悟った。

 自分にとって要らないものを取り込んでしまったんだと思った。

 夢や希望を持ったのが間違いだった。



 肩身の狭いドライブ~善良な人の残酷
 親戚との付き合いは、車がない事を強く意識させられた。
 親戚の中で自分の家だけがそうだった。
 皆が何も持っていなければ比較対象するものが無くて済む。
 だけど家だけが他の親戚とは違った。


 陰鬱だった子供時代を払拭できるような気がした。
  
 プライベートな空間で水入らずのドライブ。

 それは子供時代の私にとって夢のような世界だったのだ。


約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  消えた北海道旅行~約束を守らない友達


  親切心という名の横暴~傷と損失
  甘え慣れた女と我慢してきた女
  迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪
  あれも嘘これも嘘~言葉の通じない友達
  嫌がらせとチープなお土産~消えない傷


  惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許
  二枚舌~言葉の重さを知らない女
  傲慢な子、無責任な子~共働き家庭の弊害

奔放な女の無謀な親切心~残った傷と損失

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。
 親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。
 そんな安易な発想だ。
 彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。
 
  *   *   *   *   *   *   *   

 井上理恵には手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。
 丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。
 丹羽の父親所有の車を借りて、郊外の人の少ない場所を走る事になった。
 これが更なる大きな失敗を招く。

 元々、北海道の様な車通りのほとんど無い広い道を走るのなら大丈夫だろうという考えでいた。そこを走る予定で免許を取得した。

 丹羽一人だけでは運転大変だから、それを補助する目的で。
 まず北海道旅行を想定して免許を取ったんだよ。
 それを高槻市の曲がりくねった細い坂や、見通しの悪い田舎道を走る状況になる。
 1~2回は上手くいった。
 そこで止めておけばよかった。
 元の想定とどんどん違ってくる怖さ。

 私も腹立たしさや複雑な感情を抱えたまま、ずっと丹羽に引っ張られる形で申し出に応じていた。


 3度目位だったかやはり田舎道を走っていたら、対向車が見えた。

 「止めて!寄せて!!」
 助手席にいた丹羽が、突然大きな声を出した。
 私は反射的にハンドルを少し左に切った。

 車の方向指示器がガードレールに当たった。
 降りてみると破損していた。

 その修理代は7~8万近くかかった。
 もちろん私が支払った。





 そして思った。
 この人と関わっていると、ろくなことが無い。
 どこか無理して自分が合わせる形になる。
 不自然な状況だから歪が生じる。

 関われば関わるほど事態は悪くなる。

 丹羽登紀子は我が強く押しが強い
 本人はそんなつもりはないのだろうが、強引だ。
 とにかく物言いが強くて命令口調だ。
 どうしても押し切られる形でどんどん自分の本意とは違う方向へと流れて行く。


 本人にそんなつもりはなかったとしても…。
 現実に起きている事は悪質な嫌がらせと同じ位、私に大きなダメージを与えた。

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
       


 丹羽は以前、中絶した事があると話していた。
 車の中で避妊を怠って行為に及んで、うっかり…。
 短大卒業後、家事手伝いをしていた時期の事だろう。
 無茶だ、後先考えてない。やり方が荒っぽい。
 自分に対してそうなんだから、他人にも強引で考えなしになるのは当たり前か。

 丹羽は家でくすぶっているのが嫌でこの仕事に就いた。
 外へ出て気を紛らわせたかっただけなのだ。
 収入が必要だった訳ではない。
 最初からこの仕事に就く動機が違ったのだ。


 連絡があっても距離を置くようにした。
 互いに楽器店の同じ先生たちの別グループ(派閥といってもいい)に属するようになった。

 丹羽が関わったグループは、常に行動を共にする結束の固い村社会的な付き合いをしていた。

 グループの山本から旅行のお土産をもらったと、香水を見せられた事があった。
 「あんまり好き違うわ。」丹羽は吐き捨てるようにそう言う。
 その香水は好みではないようだった。
 それでも本人の前では嬉しそうにお礼を言ってたに違いない。

 丹羽はその後、北垣と北海道ツアー旅行に出かける。
 それを電子オルガンの先生(丹羽と私が習っている共通の先生)から間接的に知らされる。
 まるで嫌がらせのダメ押しのように。
 
 またしばらくして丹羽がFS30(電子オルガンの機種)を購入したと聞かされる。
 週の内、数日の短時間の仕事だ。
 普通の会社勤めの様な収入がある訳もない。
 また親が全ての費用を用立てたのか…。
 丹羽は家でくすぶっているのが嫌でこの仕事に就いた。
 女性の友人、コミュニティが欲しかっただけなのだ。
 収入が必要だった訳ではない。
 最初からこの仕事に就く動機が違ったのだ。
 何もかも違い過ぎた。


 口約束だけで消えてしまった夢のようなレンタカー旅行。
 井上理恵はホントに口先だけ
 本人は、ただ冬の間中スキー旅行を楽しんだだけだし。
 家族を盾に約束破りも裏切りも済ませてしまう。
 自分は何の努力もしない。

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。
 親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。
 そんな安易な発想だ。
 彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。



 私一人が無駄に動き、話が違う方向へ逸れて行った。
 元々の計画は完全に無効になり、経済的損失だけを被った。




 やってられない。


約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  約束を守らない友達~消えた北海道旅行
  無責任女が夢を砕く~生育環境の落差
  見下すのは平和な家の子
 
  甘え慣れた子と無理して合わせる子
  迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪
  あれも噓これも噓~言葉の通じない友達
  嫌がらせとチープなお土産~不快な結末



  惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許  
  二枚舌~言葉の重さを知らない女
  傲慢な子、無責任な子~共働き家庭の弊害