裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。
 私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。
 同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。
 ショックだった。
 それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。
 どこか陰湿なものを感じた。
 

   *   *   *   *   *   *

 仕事を始めて間もない頃、丹羽と近所のスーパーでバッタリ出会った事がある。
 丹羽は車で食料品の買い出しに来ていた。
 それでお茶するため、2階の店に入る。
 以前、そこでバイトしていたそうだ。

 
 丹羽は仕事にそれほど夢がなさそうだった。
 結婚したがっていた。

 恋愛話をしていたと思うが「中絶した事ある。」と話し出す。

 つわりと気付かず胃の病気だと思って、病院で検査をしたらしいのだ。「胃カメラを飲んでん。」と言う。
 生理不順だったのか、普通なら勘付く。
 妊娠とは思いたくなかったのかもしれない。
 内科を受診するのも大変だ。

 とにかく相手には相談せず、中絶したようだ。

 車の中で避妊具も付けないで行為に及んだそうだ。
 「アッ!」と相手の男が声を出し、うっかり出してしまった瞬間が分かったようだけど。
 ずい分荒っぽいやり方だ。
 コンドームを用意しない相手。マナーが悪い。
 

 しばらくして水子供養に東京まで行ったと話す。
 そのお守りを見せてもらった。


 家事手伝いは暇を持て余す。
 電子オルガンの先生になってからもそれは大して変わらない。
 午前中は空いてるし。

 丹羽は私より仕事日数は少なく、一日の生徒の数も少なかった。
 (丹羽はバイクで通っていた。)

 午前中は空いていて暇を持て余す。

 いろんな事に意欲がない様子だった。

 若さが無かった。
 冷めた大人に見えた。
 自分が習うレッスンにも身が入らないようだった。
 よく休んでいて、やる気がなさそうだった。

 友達としてはこれまで周囲にはいないタイプだった。

 でっぷり太った体型からか、タバコを吸う時の表情のせいか。
 ふんぞり返ってる。太々しい、そんな風に見えた。
 後々その印象が間違いでないと、分かる日が来る…。
 (奔放に遊んでた女の子なんて信用できない。普段の外面は常識的だけど、中身は気まぐれ。その時の気分で偉そうな物言いをする。すぐに気が変わって当てにならない。
 でも、この時はお互い知り合ったばかりの尊重する間柄。
 それなりに距離があって支障は無かった。)





 講師コンサートの後、16人程度いた先生たちは二つのグループに決裂する。
 派閥だ。
 気が合う物同士のグループに分かれる形になる。

 私はもちろん丹羽や井上と別のグループを選んだ。
 
 井上からは何の返信もなく、丹羽とも距離を置いて翌年になった。
 お互い共通の先生の元でレッスンは続けていた。
 私はその先生から電話で、丹羽が北垣と北海道へ旅行に行ってると知らされる。

 ショックだった。

 それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。
 どこか陰湿なものを感じた。
 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。
 私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。
 同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。
 

 レンタカー旅行が実現しなかったのは、100%井上のせい。
 丹羽は自分は全く関係ないし、責任無いと思っている。
 自分は全く悪くないと思っている。
 運転を補助する目的で免許を取得するよう条件を出したのは丹羽だ。
 「申し込んだ!?」は必ず行くという前提の強い口調だった。

 教習所の費用や車の修理代、私は自分の預貯金で用立て、しかも生かせないまま、損害として残ったままになってる。
 不完全燃焼でやり場のない感情だけ抱えて過ごしてきた。

 丹羽は生活必需品含む、ほとんどの生活費は親がかりの人だ。
 だから何も感じてない。
 損をさせた、無駄にさせたって感覚はないんだ。
 自分だけ望んでいた形で旅行して平気でいられる。




 丹羽たちが旅行から帰って、講師会議で顔を合わせる。会議が終わると丹羽の所属グループの皆が『お土産、お土産!!』と賑やかに騒ぎ出した。
 
 丹羽はもちろん自分のグループにだけ買って用意していた。それは当然だし、付き合いの無い片方に渡す必要は無い。

 すると丹羽は私に「トイレに隠れて。」と言い、出るように促す。
 会議の部屋のすぐ近くのトイレでお土産を渡された。
 (自分のグループの仲間には用意しているのに、もう一方には何も無く、その中の私だけに何かを渡すのを、見られたら困るという意味でだろう。)

 キタキツネのイラストの可愛い折り畳み財布だった。
 悪くはないけど、小学生の女の子が持つ様な、あまりにも幼い感じの財布だった。
 チープ…それがピッタリか。

 土産物を渡す場所といい、渡し方といい。
 やってることのひとつひとつが…。
 ここまでお粗末で無神経とは。
 よくこんな扱い方をする。

 井上は幼稚で卑怯。
 丹羽は鈍感で無神経。

 知り合ったのが不運だった。

約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  約束を守らない友達~不実と気まぐれ
  無責任女が夢を砕く~生育環境の落差
  見下すのは平和な家の子
  親切心という名の横暴~傷と損失
  甘え慣れた女と我慢してきた女
  迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪
  気心の知れない友達~通じない言葉

  惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許



 丹羽は元々免許を持っていたが、その費用は全て親持ちだ。
 電子オルガンのレッスン料も、高額な楽器から楽譜代まで全てが親がかりでそれが当たり前で過ごしてきた。
 だから何も感じてない。 
 私の仮免の時期に気が変わって無駄にさせ。
 その次は自分だけ望んでいたスタイルで旅行する。
 組み合わせ、最悪だね。


惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許

 私が住んでいるマンションには駐車場が無い。
 建物の壁面に沿って細長い狭い駐輪場があるだけだ。
 阪急電車の駅前でJRも近い…。
 そういう立地なので自転車すら持ってなくても不自由しない。
 両親が離婚し、兵庫県から引っ越してくる時に自転車は手放した。


 最初から車を購入するつもりは無かった。

 日常、車を使用する気で取得した訳じゃない。
 二人ともそれは知ってるはず。
 
 免許だけあっても仕方ない。

 免許は要らなかった。
 でも絆があると信じて動いた。
 そう思い込んだ。
 エネルギーと時間、費用をかけた分、強い結び付きや信頼関係があると思い込んでしまった。
          親切心という名の横暴~傷と損失より

 私は両親が離婚した事は話していた。
 母と二人暮らしなのは知っている。
 それに井上も丹羽も私のマンションを訪れた事がある。
 阪急もJRも徒歩すぐで、本当に便利な場所に住んでるって知ってた。
 知っててこれだ。
          見下すのは平和な家の子より



 免許を取ったのが失敗だと悟った。

 自分にとって要らないものを取り込んでしまったんだと思った。

 夢や希望を持ったのが間違いだった。


  

 他の友達をあたるにしても、免許を持ってる人なんていない。
 元々、アウトドアレジャーが趣味の友達はいなかった。

 それに急過ぎて。
 夏の旅行に誘っだけど、戸惑ってた。
 付き合ってはくれたけど、ツアー申込は行ける場所が限られ、結局近場で間に合わせるしかなかった。
 特に行きたい場所でもなかった。
 でもそこにするしかなかった。

 惨めで苦しい夏…。


 ギリギリまで騙され続けた感覚が消える事なく残っている。
          無責任女が夢を砕く~生育環境の落差より



約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  約束を守らない友達~消えた北海道旅行
  無責任女が夢を砕く~生育環境の落差
  見下すのは平和な家の子
  親切心という名の横暴~傷と損失

  甘え慣れた子と無理して合わせる子
  迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪
  あれも嘘これも嘘~言葉が通じない友達
  裏切りとチープなお土産~不快な結末



 家だけが他の親戚とは違った。

 陰鬱だった子供時代を払拭できるような気がした。
  
 プライベートな空間で水入らずのドライブ

 それは子供時代の私にとって夢のような世界だったのだ。
         肩身の狭いドライブ~善良な人の残酷参照
         (尼崎の異常な家庭№12)

あれも嘘、これも嘘~言葉の通じない友達

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。
 会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた

   *   *   *   *   *   *   *   *   *

 電子オルガンの先生になって井上や丹羽と出会った。井上は、短大を卒業してすぐ、丹羽は家事手伝いを一年した後だった。
 私は短大を出て三年間、他の仕事をしていた。
 会社勤めを半年間。
 そこを辞めてイベント企画会社で約一年間バイトをする。
 それからオルガンを購入し、資格を取るため勉強を始めた。最低限のレベルに達するのに一年と半年かかった。
 その間、写真(現像やプリントをする)工場に勤務していた。
 仕事を終え帰宅してから、晩にオルガンの練習をしていた。

 

 
 丹羽とは同じ高槻市内に住み、習っている先生が同じだった。
 
 最初、数日間の研修があって、丹羽と行動を共にするようになる。
 井上とも顔見知り程度だったが話すようになった。
 それを経て、月一回の講師会議で顔を合わせるようになった。
 夏の発表会の後、打ち上げで食事。開放感から一気に親しさが増し、3人で能登半島へ旅行する。
 そして一年後の夏のレンタカー旅行計画へと発展する…。



 同時期に楽器店で講師コンサートが決まった。
 年が明けて春にコンサート開催。特別なイベントがスケジュールに組み込まれる事になった。

 私は秋頃から出張レッスンの仕事が増え始め、週5日は埋まるようになる。
 その年の後半は次々と新しい場所へ行き、次々と新しい生徒に出会い、最終的には計40人生徒を抱える状況になった。

 出張レッスンの職場は生徒の自宅だ。
 (たまに郊外の小さな教室の場合もある。)

 生徒が住んでいるのは最寄駅から遠く不便な場所。
 駅前の教室へ通うのが困難な、保護者の送り迎えが大変な所。
 そこへ先生が出向いて行く。
 そうやって曜日ごとに違うお宅へお邪魔して教えるのだ。
 毎日別の家へ行き、会うのは生徒や保護者。

 他の先生たちも同じく様々な会場で仕事をしている。

 彼女たちは同業者であって同僚ではない。
 会社の同僚の様に毎日顔を合わせない。

 月一度のペースという頻度。
 知り合って3、4か月たっていても、日常を共にしていない。
 親しくなったつもりでも、相手の事をよく知っているとは言えない。
 相手がどんな性格なのか、充分知るには時間がかかる…。




 教習所へ電車とバスで通い始めた。

 午前中、学科や実技を受けて一度帰宅して昼食をとって仕事に向かった。

 生徒の住む団地にも電車とバスを乗り継いで行く。
 一か所はバスで30分以上かかった。
 日々、様々な交通機関を使っての移動。
 常にバスの発着時間を気にしていたような気がする。
 乗り遅れたら次にバスが来るのは2、30分も先になる。

 外回りは緊張が続く。
 
 やがてコンサートの打ち合わせ、練習が増えて行った。
 自分のレッスンも個別に継続していた。
 大変だったけど…。
 それぞれ移動距離や拘束時間が極端に長い訳でも無かったし、自分が決めて就いた仕事だから何とかこなせた。


 しかし教習所だけは違った。

 短時間でも慣れない作業の連続で疲れた。


 その冬のシーズン、井上はスキー旅行を繰り返すのだ。




 私は井上がどんな性格なのか見極める事ができなかった。
 「おねだり」に便乗し、「軽口」に同調し流されてしまう。
 (その場の空気に合わせたい気持ちが強く。)
 その結果、身の丈に合わない自動車運転免許の取得に奔走する。

 仮免の時期、丹羽は不穏な態度を見せ始める。
 気が変わったのだ。
 井上は会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『楽しみにしてる。』『旅行へ行く、早く行きたい。』と乗り気で話し、行く気満々だったので信じたし安心してた。
 間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。
 井上の言葉を常に信じた。

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。
 丹羽は取り付く島の無い態度でいる。

 言葉が通じない
 そう感じた。



 何一つ届かない。
 悔しさも怒りも、理解してない、通じない。


約束を守らない友達~井上理恵と丹羽登紀子
  約束を守らない友達~消えた北海道旅行
  無責任女が夢を砕く~生育環境の落差
  見下すのは平和な家の子
  踏んだり蹴ったり~親切心に潜む悪意  
  甘え慣れた子と無理して合わせる子
  迷惑なおねだり女~欲しがる癖は罪
  
  ふんぞり返った女~太々しさとチープなお土産


  惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許

性欲旺盛なアロハの営業活動~格付けする女たち

 女性の価値や幸か不幸かを「男」がいる、いないで判断する。パートナーがいるかどうかで、優劣を決める。自分たちは、優位な立場だと思い込んでいるのだ。
 基準が他者に左右されるのは、希薄で不安定だ。女性を独立した存在として扱っていない。依存心の強さの現れだ。その考え方自体がおかしい。


  *   *   *   *   *   *   *   

 アロハはタリーズで注文したフードを食べながら「これ、あんまり美味しないわ。」と言う。
 長方形の形でパイ生地の中に何かを挟んでいるように見えた。
 クリームを挟んだスイーツなのか、お惣菜系のパテなのかは分からなかったが…。
 5年前の初詣帰り、居酒屋に入った時も料理を「水くさい、美味しくない。薄い。」などと言っていた。
 下に固形燃料があって火を点けて温める小さな鍋の一品だった。
 お吸い物の出汁の味にケチをつけていたのだ。

 あの時、8人の仲間と一緒だったが料理をけなすのはアロハだけだった。

 繰り返し文句をつけていたので印象に残っている。


 カフェのスイーツも、居酒屋の料理も同じだ。
 店の品をけなす、なじる、見下す。
 私の母も同じようにスーパーの既製品をけなし倒して歩いていた。
 自尊感情が低いのだ。

 同席した者はあまりいい感じはしない。

 人の気分を害すのは『配慮の欠如』の現れだ。
 
 AC(機能不全家庭で育った人)の癖や特徴だ。
 身に染み付いた癖なので、条件反射のように言葉に出てしまう。
 けなさずにはいられない。

 何かを見下していないと自分の優位性を示せない。
 自尊感情が低いために、自分を少しでも高く位置付けていないとバランスが取れない。
 心のバランスをとるための方法なのだ。


 アロハが結婚(再婚)できたのは自分が回復したからだと思い込んでいるが、そうではない。
 結婚情報サイトに登録して大勢の人に会ってパートナー探しに力を注いだからだ。
 
 5年前、ミーテイング終了後のフェローで、結婚情報サイトで知り合った男性との交際を話していた。
 相手の部屋に行った時、他に女がいないかどうかトイレの棚の中や引き出しをチェックして回るそうだ。
 結婚前提の出会いでも、早い段階で体の関係を持つのかと思った。
 そんな男の話で目立っていた。
 性欲旺盛だ。

 結婚情報サイトで86人に会い、今のパートナーに決め結婚したそうだ。


 回復しなくても結婚はできる。

 アロハは回復していない。
 そして病的なままの〇ト〇と共依存の関係だ。
 他人の境界線を分かっていない。

 アロハと〇ト〇はパートナーがいるかどうかで、優劣を決める。
 (その時点で〇ト〇には交際相手がいた。
 結婚情報サイトで知り合った人らしい。)

 余計な詮索と的外れなアドバイス。
 こっちは何も相談してないのに勝手に助言する。

 自分たちは回復しパートナーができ、私より勝っていて優位な立場だと思い込んでいるのだ。
 女性の価値も幸か不幸かも「男」がいる、いないで判断する。
 基準は他者に左右される。
 希薄で不安定だ。
 アロハや〇ト〇は女性を独立した存在として扱っていない。
 依存心の強さの現れだ。
 その考え方自体がおかしい。

 パートナーがいてもいなくても人の価値は変わらない。

 健全でも独身の人はいる。

 アロハはただの共依存オバハンだ。
 それ以上でもそれ以下でもない。
 〇ト〇は気付いていない。だから危ない。 


 それにしても…。
 結婚したら生活が安定するはずだと思うが。
 美顔器のセールス、営業活動するのはどういう事だ?

 (〇ト〇も自助の仲間を紹介して欲しいと頼まれ手を貸したのだろう。目的を隠して誘うのは、新興宗教団体の勧誘の手口だ。)
 
          「性欲旺盛なアロハの営業活動」

          2018年 12月の出来事



 自己完結と共依存~病んだ自立と依存
 相互依存と共依存~健全と不健全

 記憶の集合体