「BG~身辺警護人~」第1話 感想

 前シリーズ観てなかったので、再放送から続けて新シリーズが始まって良かった~。
 安定したキムタクのキャラに脇役の方々の魅力に、ストーリーは何となく読めたけど、楽しめました!!

 斎藤工はやっぱり素敵です。章(木村拓哉)を何気なくサポートしていく感じが…。
 一人じゃボディーガードはちょっと難しいよね。
 「KICKSガード」に居ながらも、章と個人的に組んでいくのかな?
 


 仲村トオルが嫌な役してるな~。
 お金持ちの中国人社長!?
 クライアントはVIPだけ…。

 それとは対照的な章(木村拓哉)、目指すものがいいね!





 配役で犯人分かるよね。
 写真見た途端、真犯人この人だなって思ったよ。笑)


あらすじ Yahoo!テレビより
「日ノ出警備保障」は劉(仲村トオル)のIT企業に買収され、章(木村拓哉)らは「KICKSガード」の所属に。彼らは国会議員・桑田(小木茂光)のパーティーで不審者を撃退し注目される。直後、服役中の元大学講師・松野(青木崇高)に出所後の警護を頼まれた章だが、社は「政財界のVIP限定」のため断る羽目に。そんな時、あるきっかけで章は退社を決意。単身、松野の警護につく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント