「竜の道 二つの顔の復讐者」第1話 感想

 前半は過去の時間軸が行ったり来たりとよく飛んで、落ち着かない感じでした。「キリシマ急便」の過重労働を摘発したのに政治家の圧力で軽い処分になったとか、そういうの現実にあるあるな出来事。
 偶然、裏社会の社長の家でその社長が心臓発作を起こして、ニトログリセリンを渡そうと思ったけど、やっぱり止めて金庫の10億円を横取りっていう流れが、漫画チックで笑えた。笑)
 あの社長、そんな高齢に見えなかったけど…。^^;
 とにかく10億で裏社会の大物から新しい名前をもらってブラジルまで渡り。
 会社を設立。しかし実体はハッキングや偽情報で他の会社に悪だくみを仕掛ける。
 悪辣な手法ですね。胡散臭い。
 あんまり共感できないかなぁ。




 西郷輝彦の和服姿や住んでいる家屋の広さ(廊下長過ぎ)といい。
 昭和の匂いがします…。笑)

 遠藤憲一と細田よしひこは似ても似つかない親子。

 玉木宏はいい。
 高橋一生も…。
 官僚役、似合ってます。 

 これからどんな展開になるか、視聴はしたいと思います。


あらすじ Yahoo!テレビより
裏社会と関わりを持つ竜一(玉木宏)と、その双子の弟で国土交通省の官僚・竜二(高橋一生)は、運送会社「キリシマ急便」社長・源平(遠藤憲一)への復讐に生きている。事業拡大を狙う源平は、かつて双子の養父母の会社を悪質な手段で乗っ取り、養父母を自殺に追い込んでいた。その後、火事に遭い、命を落としたと思われた竜一は、顔も名前も変えて竜二の前に出現。養父母の実子で妹として育った美佐(松本穂香)にも生きていることを告げず、竜二と復讐計画を進めていく。そして、ついに2人は不祥事の情報をつかむ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント