「BG~身辺警護人~」最終回 感想

 高梨(斎藤工)と瞬(田中奏生)、瞬と多佳子(市川実日子)が関ったり話す場面、章(木村拓哉)に対する気持ちがよく現れていて良かったです。
 たったひとりのかけがえのない人。
 面と向かって大切だとは言えないけど、誰かを介してそれを伝える。
 さり気なくて、不器用でぎこちないながらも、相手を思いやる温かみがありました。
 主人公の人柄を、こんな風に周りの微笑ましい関係性に表す描き方がいいです。
 
 章と多佳子の仲はプラトニックで、友人としてエンドを迎えました。
 キムタクのラブストーリーはこのくらいがちょうどいいです。
 濃厚なのはいいです。笑)

 高梨はなんだかんだ言いながら、絶対に章の窮地に現れて助ける。
 騎士役ですね。笑)

 劉社長は結局、悪役だったの?
 それほど悪に徹してなかったよね。(^^;) 
 悪人は相変わらず政治家先生。憎々しい感じがお決まりのスタイル。



 コロナの影響で元の脚本が変わり、話数も減って、混乱の中の撮影だったんですね。

 大掛かりな設定でなくても、一般人の心に寄り添うボディーガードってそんなにいないと思うので、面白かったよ。 !(^^)!

 政治家とか有名人、著名人より、名もない人たちを守る章の姿勢は素敵でした。

 依頼人を分け隔てなく接してる姿が良かったですよ~。


あらすじ Yahoo!テレビより
「KICKSガード」にもたらされた情報にまゆ(菜々緒)や沢口(間宮祥太朗)が動揺する中、章(木村拓哉)に予期せぬ人物から警護依頼が。それを受けるかどうかで高梨(斎藤工)と決裂した章は単身、依頼人から指定された廃倉庫へ向かう。不穏なものを感じ取った息子の瞬(田中奏生)は高梨を訪ね、「非常に危険な依頼」だと聞かされた。不安に駆られた瞬は多佳子(市川実日子)に現況を伝える。一方、高梨はKICKSガードに出向き、協力を申し出る。その頃、警護しながら目的地を目指す章の前に、加藤(中村織央)が姿を現す。

「竜の道 二つの顔の復讐者」第1話 感想

 前半は過去の時間軸が行ったり来たりとよく飛んで、落ち着かない感じでした。「キリシマ急便」の過重労働を摘発したのに政治家の圧力で軽い処分になったとか、そういうの現実にあるあるな出来事。
 偶然、裏社会の社長の家でその社長が心臓発作を起こして、ニトログリセリンを渡そうと思ったけど、やっぱり止めて金庫の10億円を横取りっていう流れが、漫画チックで笑えた。笑)
 あの社長、そんな高齢に見えなかったけど…。^^;
 とにかく10億で裏社会の大物から新しい名前をもらってブラジルまで渡り。
 会社を設立。しかし実体はハッキングや偽情報で他の会社に悪だくみを仕掛ける。
 悪辣な手法ですね。胡散臭い。
 あんまり共感できないかなぁ。




 西郷輝彦の和服姿や住んでいる家屋の広さ(廊下長過ぎ)といい。
 昭和の匂いがします…。笑)

 遠藤憲一と細田よしひこは似ても似つかない親子。

 玉木宏はいい。
 高橋一生も…。
 官僚役、似合ってます。 

 これからどんな展開になるか、視聴はしたいと思います。


あらすじ Yahoo!テレビより
裏社会と関わりを持つ竜一(玉木宏)と、その双子の弟で国土交通省の官僚・竜二(高橋一生)は、運送会社「キリシマ急便」社長・源平(遠藤憲一)への復讐に生きている。事業拡大を狙う源平は、かつて双子の養父母の会社を悪質な手段で乗っ取り、養父母を自殺に追い込んでいた。その後、火事に遭い、命を落としたと思われた竜一は、顔も名前も変えて竜二の前に出現。養父母の実子で妹として育った美佐(松本穂香)にも生きていることを告げず、竜二と復讐計画を進めていく。そして、ついに2人は不祥事の情報をつかむ。


「MIU404」第5話 感想

 綾野剛と星野源てどちらも和風テイストの地味なお顔立ちなので、コンビとしての見た目のメリハリは無いよね。性格の違いで何となく分かってくる感じです。
 初回から第4話まで見逃してしまいました。ちょっと残念。
 この第5話からが初めてなので、人間関係がまだ把握できてないのですが。

 事件はコンビニ強盗。犯人は留学生マイの身近にいる人でした。
 彼女の好きな人。
 コンビニの売上金、保管場所をついうっかり話してしまったせいで。
 寂しいですね。


 SNSで発信されたベトナムの縁起のいい日や数字の意味など、いろいろ面白かったです。




 伊吹(綾野剛)は軽いけど、親しみやすい。

 志摩(星野源)は思慮深くて訳ありな感じ。

 次回からも視聴したいです。


あらすじ Yahoo!テレビより
日本人店員のコンビニを狙う強盗事件が続発。伊吹(綾野剛)や志摩(星野源)ら警察は、事件の起きた周辺の店で店員を装って張り込みを行う。深夜、複数の店を強盗犯が一斉に襲撃し、次々と確保される。犯人は外国人で、大半が低賃金の元技能実習生だった。一方、なぜかベトナム人留学生マイが働く店も襲われ、犯人が逃走。マイに仕事を教わった伊吹らは捜査を始める。


「BG~身辺警護人~」第6話 感想

 今回も人情噺でした~。カレー店の立ち退きを迫られている女性からの依頼。騒動に一役買って出る章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)。
 カレー店の入り口のたたずまいも、中の様子も古びた感じがロケのせいか味わいがあって…。
 室内劇でしたね。
 店への愛着を感じつつも、あきらめて立ち退きをするつもりではいる華絵(名取裕子)。
 そこまでの葛藤を章(木村拓哉)たちが見抜き、心に寄り添います。
 何か…ボディーガードっていうより、臨床心理士みたい。笑)
 依頼人の事を何より理解し、次にどう一歩を踏み出すか見守ります。 

  

 一方、多佳子(市川実日子)は章に付き纏う長髪の男について記憶を辿り、夫の葬儀に来ていたと思い出します。
 章には止められましたが、調べてプロフィールを渡します。

 議員の桑田(小木茂光)も劉社長も怪しげですね。

 章は待ち合わせ場所に出向き、危ない目に遭いそう…。



あらすじ Yahoo!テレビより
章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の依頼人は雑居ビルで夫とカレー店を営んできた華絵(名取裕子)。亡き大家の息子・玉井(永沼伊久也)に立ち退きを迫られる中で夫が他界したという華絵は、店とカレーを守ってほしいと訴える。一方、まゆ(菜々緒)や沢口(間宮祥太朗)らは、国会議員・桑田(小木茂光)が開く記者懇親会の警護を担当。同じ頃、多佳子(市川実日子)は、章を狙う男(中村織央)について調べ始める。





三浦春馬さんの訃報、ニュースで知って驚きました。

 「ブラッディ・マンデイ」で初めて三浦春馬を知って印象的でした。
 サスペンスで、身近にいる大切な人を次々失うって哀しい切ないストーリーでしたね。

 それから「ラスト♡シンデレラ」「僕のいた時間」「わたしを離さないで」など見ました。
 最近では「TWO WEEKS」です。

 
 「アンフェア」は放映されていた当時は三浦春馬の事は知らなくて。
 その後何年かたって、情報で知って再放送で確認しましたよ。
 ラスト近くで少しだけの出演だったけど。10代だったんですね。=^_^= 


 検索すると記憶にはないけどいろんな作品に出てたんですね…。


 様々な推測がされていますが。 
 完璧主義だったようですね。


 TVで臨床心理士の先生が、語っていましたが。
 新型コロナウイルスの影響で仕事が中断され。
 自分と向き合う時間が増えた。
 それから再び仕事が再開されたが、違うと感じた。
 それは向き合ってきた中で気づいた何か…。

 順調に進んでるように思えたが自己の内面は違うと気づいた。

 そういうのはあるのかもしれません。
 


 人の心の中は分からないですよね。凄く残念…。





「BG~身辺警護人~」第4話&第5話 感想

 ひきこもりでホームレスみたいな風貌だった男がラストでスッキリ営業マンに変身して笑えた。(#^^#)こんな簡単に会社員になれたんだね。全国に居るひきこもりの社会問題はすぐに解決しそう。
 同級生の谷口(丸山智己)、理科室で唐突に身の上話を始めます。生田(岡田義徳)は谷口に塩酸を盗み出すよう脅すんですね。生田はいじめっ子だったのかい?
 キャラ設定が??て感じる。 
 とにかく、生田のせいで自分の人生、家族の人生が狂ったと谷口。

 急に深刻な様子になって…。

 長い間の憎しみをここでぶつけるんですね。
 心の問題解決。
 
 その手助けをするのがボディーガード…。笑)

 キムタクと斎藤工の温かみのあるキャラが合うよね。

 父親の職業に憧れてたとか、タイムカプセルの手紙が素朴で、ほのぼのさせられる回ではありました。

 

 第5話はストーカーが「KICKS CORP.」の内部の人間。
 また劉(仲村トオル)社長が関わってるのね…。

 会社の内部が事件の発端で、何かつまらなかった。
 舞台がKICKSのオフィスって…。
 やっぱり外の世界の知らない人たちを守るお話の方が面白いよ。

 スマホに記録された知られたくない情報のためにストーカーを装うとは。



 沢口(間宮祥太朗)、章(木村拓哉)がKICKSガードを辞めた理由を知ります。
 本当のところを知って良かったと思います。

 章と高梨(斎藤工)とのコンビがいい。

 あと2回で終了なのは残念です。

あらすじ Yahoo!テレビより 第4話
章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)は生田(岡田義徳)という男性から救出依頼を受け、現地へ。しかし監禁の事実はなく、高校2年生の時から20年間引きこもっている生田はすぐに来てほしくてうそをついたと返答。依頼内容は同窓会がある小学校までの警護で、タイムカプセル内の色紙を事前に回収したいという。さらに、「自分は狙われている」と言う生田に、父・洋次(平泉成)はいら立ちを隠さない。そして警護当日、親友・谷口(丸山智己)が生田に声を掛けてくる。その頃、「KICKSガード」では、まゆ(菜々緒)が劉(仲村トオル)により執行役員に抜てきされる。


あらすじ Yahoo!テレビより 第5話
多佳子(市川実日子)の病院に、章(木村拓哉)を介して沢口(間宮祥太朗)が「KICKS CORP.」社長付サブ秘書・凪子(成海璃子)を連れてくる。引ったくりに追い掛けられて転んだと言う凪子だが、多佳子から防犯ブザーを3個も所持していたと聞かされた章はストーカーを疑い、本人もそれを認める。沢口に頼まれ、凪子を警護する章と高梨(斎藤工)は彼女の自宅近くで不審者を発見する。



「探偵・由利麟太郎」第4話&最終回 感想

 さくらの亡霊は何か仕掛けがあると思ってたよ。映写機で見せてるのかと…千恵子(吉谷彩子)の扮装だったのね。(*^^)v
 たぶん長編と思われる内容を2時間でコンパクトに見れて良かった。ちょっとあらすじみたいなスピーディーな謎解きだったけど、犯人が誰だで引っ張り続ける連ドラよりスッキリしてていいね!
 古めかしい雰囲気も設定が歌劇団だから無理なかったし。

 
 芸術家の屈折した心の世界って勝手に決めつけて話が進むのは、ホントにそうなの?って口をはさみたくなったけど、いろいろ有りという事で。
 マネジャー土屋(鈴木一真)の純愛と、不貞ばかり働く夫との対比。
 極端過ぎてやっぱり笑える。
 夫、聡一郎役の大鶴義丹は嫌な役柄が多いね。(;^_^A

 雨宮(水沢林太郎)は災難でした。



 全5話くらいがちょうど良かったのかな?
 面白かったです!

 志尊淳はドロドロした世界にひとり爽やかな感じで…笑)

 スリットの入ったコートの裾をバサってひるがえしながら歩く吉川晃司もカッコいい。

  
あらすじ Yahoo!テレビより 第5話 最終回
楽団員が宿泊するホテルの裏手で、亡きさくら(高岡早紀)のマネジャー・土屋(鈴木一真)の助手を務めていた雨宮(水沢林太郎)の遺体が見つかる。ホテルを検証した由利(吉川晃司)は俊助(志尊淳)に、雨宮は4階で絞殺され、5階の窓から突き落とされたと告げる。由利がそれを伝えるため等々力(田辺誠一)を呼び出すと、その場にいた若手歌手・小野(佐野岳)が重い口を開く。

第4話 
オペラ歌手のさくら(高岡早紀)は、弟子の千恵子(吉谷彩子)らと共に東京から次の公演がある大阪へ向かう。ところが翌日、会場にさくらは現れず、東京から届いたコントラバスのケースの中からさくらの遺体が見つかる。さくらの夫・聡一郎(大鶴義丹)からオペラ鑑賞に誘われ、俊助(志尊淳)と共に会場にいた由利(吉川晃司)は、遺体から砂がこぼれ落ちるのに気付く。


「BG~身辺警護人~」第3話 感想

 章(木村拓哉)と息子の会話がなかなか面白い。高梨(斎藤工)と菅沼(菜々緒)の会話も面白い。笑)登場人物のキャラが魅力的なので、彼らの人間ドラマに興味あります。

 物語はまあまあ。
 実業家の道岡(豊原功補)が個性の強い嫌な役柄だったなぁ。
 病院内で働くおばちゃんも事件関係者だったと途中から読めました。

 秘書に一番欲しいものを考えさせ、持ってきたのは過去の悪事の証拠。

 いろいろ覚悟してたんですね。

 理学療法士が狙っていたとは、これは意外でした。




 感想サイトを見てたら、豊原功補って小泉今日子のヒモだったの!?
 芸能ニュース詳しくないから、そうだったのかと驚き…。
 不倫で仕事が無かったなんて…。
 マンションを売って映画製作の資金にってあったよ。( ̄∇ ̄;)


あらすじ Yahoo!テレビより
章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)に旧知の整形外科医・多佳子(市川実日子)から、極秘入院中の実業家・道岡(豊原功補)の警備依頼が入る。投資詐欺で大勢の被害者を出した道岡だが、不起訴となり釈放された直後、詐欺被害者ともみ合い負傷。危険人物ゆえに大手は警備を敬遠したという。道岡は早速、章らを挑発し、担当の理学療法士・湯川(木村了)にも尊大な態度を取る。