「MIU404」第6話 感想

 志摩(星野源)の元相棒の死の真相を調べる伊吹(綾野剛)と九重(岡田健史)。屋上にはウイスキーの瓶が残されていた。転落したものと思われていたが、様々な憶測が…。
 相棒は仕事熱心なあまり、証拠を捏造。提出した自身の毛髪からは毒物は検出されなかった。
 いさめる志摩。メールで屋上に誘われるも志摩は出向かなかった。

 それはただの転落ではなく、相棒は向かいのマンションに侵入した男を目撃し通報、自らも駆けつけようとした。だが酔っていたため、足を滑らせて転落し打ちどころが悪く亡くなった。
 偶然の事故死。
 
 最後まで刑事であろうとした、正義を貫こうとした相棒。

 志摩は屋上に行かなかった自分を責め続けていた。
 
 まるで青春ドラマのような結末で悪くはありませんよね。
 未熟さゆえに引き起こされた悲劇。切ない別れでした。






 私服の刑事ってカッコいいね!
 謎めいているけど人間味のあるキャラもいいです。


あらすじ Yahoo!テレビより
志摩(星野源)の過去が気になる伊吹(綾野剛)は、九重(岡田健史)と共に、かつて志摩が関わった「連続毒殺事件」と、同日に起きた「捜査一課刑事転落死事件」について調べ始める。一方、勤務明けの志摩は、抜けられない桔梗(麻生久美子)に代わり、給湯器修理の立ち会いを買って出る。そして、息子・ゆたか(番家天嵩)や、警察協力者・麦(黒川智花)がいる桔梗の自宅へと向かう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント