「MIU404」第7話 感想

 陣馬(橋本じゅん)は休日、妻と娘を乗せ大切な会食の場に向かっていましたが、車の前に飛び出してきた男の顔に見覚えがありました。
 事件の容疑者であることは分かったのですが、何の事件だったかは思い出せません。
 九重に連絡を取り調べさせます。九重は警視庁の幹部である父親や、その仕事仲間とゴルフ場に来ていました。
 魚肉ソーセージのフィルムが鍵でした。
 どの事件の容疑者か特定できて、写真が転送されてきます。

 陣馬は妻と娘に車から降りるように言います。
 過去の出来事から教訓を得た奥さんは夫を車から放り出します。
 スマホも持たず、タクシーに乗った犯人を追いかける陣馬さん。
 仕事熱心過ぎて家族はいい迷惑です。(;^_^A

 一方、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)はトランクルームで男が死体で発見され、捜査をしています。

 妙なコスプレをした女と二人の少女が何かを目撃していたようです。
 やがてその女はコスプレ好きの弁護士さんだと分かります。
 二人の少女は家出をしていました。


 メロンパンの車は街中で良く目立ちます。
 ピカピカの新車ですね。笑)

 指名手配犯は宅配の自転車とユニフォームを奪って逃走。
 全宅配人にリバーシブルのユニフォームを元に裏返して着るよう指示。
 防犯カメラで一人だけ違う色のユニフォームを発見。
 そして伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追いつき格闘。
 陣馬は手錠をかける事ができました。

 スピーディーな展開で笑わせてくれたし飽きさせなかった。
 結構、ハラハラさせられましたよ。
 
 そして…。
 今の時代を表す様々なアイテムが詰め込まれていたような…。

 トランクルームには窓がありません。
 窓が無い空間は部屋としては認められていないです。
 クローゼットか収納場所。住居には適していません。
 人間が人間らしく生きるために最低限必要なのは、光と空気を入れ替える窓。
 犯罪者たちの暗く希望の無い生活の場がトランクルームに設定されているのは象徴的な気がしました。



 主題歌の米津玄師と菅田将暉、King Gnuのボーカル、井口理。
 ミュージシャンつながりですね。♪

 


あらすじ Yahoo!テレビより
東京・新日暮里のトランクルームで‘猫砂’に埋もれた男性の遺体が見つかった。臨場した伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は遺体と契約者が別人であることを確認。遺体発見時に敷地内にいたジュリ(りょう)ら利用者3人から話を聞く。一方、息子の婚約者一家と顔合わせするために休みを取っていた陣馬(橋本じゅん)は、会場に向かう途中、タクシーに乗り込む指名手配犯を目撃する。