「知ってるワイフ」第7話 感想

 どんどんこじれていく元春(大倉忠義)と沙也佳(瀧本美織)。元春の母の白内障手術、そして沙也佳の父親の授賞式。こういうのって急に入るわけじゃないから、沙也佳のいい分は納得できます。元春の方は実家も妹の家族も遠慮して言わなかった。きちんと話しておかないと。
 知ってしまうと元春は自分の家族、実家を大切にしたい。
 今は白内障手術も日帰りでできる。
 沙也佳の言うように命に係わる様な手術ではないです。確かにね。
 前回から元春の沙也佳への気持ちが冷めていってる。
 大切にしようと理屈では言いきかせるけど、どうにもならない。
 授賞式は当然、気が進まない。
 煩わしい義務でしかない。

 もう気持ちが離れてしまった人にとっては苦痛でしかない付き合い。
 そういう気というかオーラが出るんでしょうね。元春から。
 いら立つだけでどうにもできない沙也佳。元春を責めて言葉がキツくなるばかり。


 それから誹謗中傷を書き込んだのが沙也佳かもしれないと疑いが出て、ラストでは確定し。

 修復できそうにもない運びですね。沙也佳の裕福でいい家柄のお嬢さんというキャラが悪者っぽく描かれていて気の毒。

 庶民的=心根の優しい善人とは限らない。
 でもまあ、分かりやすく対照的に描いていますね。(;^_^A 


 久恵(片平なぎさ)が元春と澪(広瀬アリス)の恋のキューピット役ですね。
 澪は自分が使う頭痛薬を元春が会社の救急箱に入れて行ったと知り、また不思議な感覚になります。

 元春に惹かれていくのを止められない様子…。 


あらすじ Yahoo!テレビより
投稿サイトに澪(広瀬アリス)への中傷が書き込まれ、津山(松下洸平)は心配する。気にしていない澪だが、銀行内部で問題視された上、周囲に迷惑が及んだことで怒りが爆発。犯人捜しに乗り出す。同じ頃、沙也佳(瀧本美織)は生花店員の上原(小関裕太)に助けられていた。そんな折、元春(大倉忠義)は、義父・秀彦(山田明郷)の授賞式の日に、自分の母親が手術に臨むことを知る。