「天国と地獄 ~サイコな2人~」第9話 感想

 奄美大島へ向かうフェリーで日高(高橋一生)が語るこれまでの経緯。陸(柄本佑)と朔也(迫田孝也)も乗っていました。彩子(綾瀬はるか)は怒りを朔也にぶつけます。翌朝、朔也は息を引き取りました。
 フェリーの発着場には警察が待ち構えています。日高は彩子を人質にとる芝居をして逃げだします。そして彩子に追いかけるよう言います。
 追いついた彩子。日高は彩子に捕まりたかったと両手を出します。手錠をかける彩子。でも河原(北村一輝)は犯人隠避や証拠隠滅の容疑で彩子に手錠を…。

 これまでの猟奇殺人と思われた事件の謎は解き明かされました。

 彩子と日高が元に戻れたことで現実に引き戻されたような雰囲気。

 高橋一生、女性を上手く演じていてなるほど~って。
 元に戻って声も違うし話し方も変わって、中身彩子の演技が懐かしく思えるほど。

 また歩道橋で兄、朔也と争う場面は表情豊かで…。
 兄を想う苦悩がよく滲み出ていました。


 八巻(溝端淳平)はおとりになって北へ向かいますが、すぐにばれてしまいました。

 北村一輝の顔が濃過ぎて怖い。笑) 

 でもまだ最終回が…。
 もっと驚く真実や展開があるのでしょうか?

あらすじ Yahoo!テレビより
日高(高橋一生)と朔也(迫田孝也)に緊急配備が掛かった。彩子(綾瀬はるか)は日高を朔也と会わせた上で、2人一緒に逮捕しようと決意。河原(北村一輝)の追跡をまき、福岡で朔也に同行する陸(柄本佑)と連絡を取る。さらに、彩子は八巻(溝端淳平)に日高のクレジットカードを託し、行方を工作するよう依頼。そして日高と共に、朔也と陸の行き先である鹿児島・奄美大島を目指す。

あらすじ 公式サイトより 
歩道橋から転がり落ちた彩子<日高>(綾瀬はるか)と日高<彩子>(高橋一生)。警察は、連続殺人事件への関与が濃厚な日高陽斗と東朔也に緊急配備をかける。その東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸(柄本佑)ととある場所に向かっていた。一方、河原(北村一輝)は捜査一課とは別に単独行動に出て…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント