「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回 感想

 安定した最終回でした。日高(高橋一生)は自分一人がやったと兄をかばい、供述を始めます。しかし犯人は東朔也で間違いがなかったし、彩子(綾瀬はるか)だけでなく河原(北村一輝)も真実を突き止める目標は同じでした。朔也が残していたSDカードの映像を陸(柄本佑)が彩子に送信し証拠になりました。

 陸はナッツの安いスーパーを彩子に教えます。
 そして戻って来ませんでした。

 彩子と八巻(溝端淳平)は警察学校に異動になります。
 「教場」ですね。笑)
 向いているようです。

 年月が経ち、日高からは何の連絡も無く。
 そんなある日、彩子のスマホに着信が…。
 公衆電話からでした。歩道橋へ行きます。
 日高がいました。

 母の形見だからと警察から父親が引き取った石を見せます。

 それぞれ歩き出しますが、振り向いて再び声をかけます。
 「とりあえず、今お勤めどちらですか?」と彩子は尋ねます…。

 ラスト、微妙だったのですが石の入った袋が光って。
 それから「じゃあ、お元気で。」という彩子の声が低かったような。
 中身日高の時と同じトーンの様な…。
 また入れ替わった!?
 ファンタジーですね。笑)


 陸を演じた柄本佑が素敵でした~。
 彩子の日高への熱い想いを察して何も言わずに身を引きましたね。
 姿を消した陸を探そうともしない彩子。
 ただ部屋に転がり込んできただけのフリーター、彩子にとってはその程度だったのかと思うと寂しいですね。
 


 兄、朔也の境遇は悲惨でしたが、主人公たちからは遠い存在で物語をそれほど暗くはしませんでした。
 入れ替わる事、そのものを楽しむドラマだったように思えます。
 入れ替わった高橋一生の演技に注目でしたね。
 座り方や話し方、中身女性だと思いました。

 綾瀬はるかは最終回もひたすら走って、また階段から転げ落ちて。
 熱演でした。


あらすじ Yahoo!テレビより
彩子(綾瀬はるか)が河原(北村一輝)に確保された。死亡した朔也(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)もまた、河原に事情を聞かれることに。その直前、陸は朔也の近くに落ちていたメモリーカードを発見。とっさにポケットにしまい込む。警視庁で管理官・五十嵐(野間口徹)らの尋問を受けた彩子は、これまでの‘経緯’と自らの潔白を主張。その矢先、日高(高橋一生)が一連の殺人事件を全て自分が単独で行ったと自供した。驚いた彩子は、日高の送致取り調べを任せてほしいと訴えるが、認められず、河原が担当することになる。


あらすじ 公式サイトより 
日高(高橋一生)が逮捕された。「絶対に助ける」と日高に告げた彩子(綾瀬はるか)だったが、何もできないまま河原(北村一輝)によって彼の取調べが始まる。東(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)も事情を聞かれるが、彩子のことを心配しながらも複雑な心境でいた。
連続殺人事件の主犯は誰なのか、真相にたどりつけない警察。彩子は真実を明らかにするため、行動に出るが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント