「着飾る恋には理由があって」第3話 感想

 グランピングも秘湯の露天風呂の場面も映像が綺麗でした。都会に住む彼らの住宅はリッチで優雅で夢の世界のようだし。そこを離れ自然を舞台にしても同じ。環境はお洒落で贅沢。
 火の粉が飛び散るキャンプの食事シーンがラスト近くの見せ場。
 スマホで写真を撮ろうとする真柴(川口春奈)をさえぎって手を握る駿(横浜流星)。
 もうすっかり恋人同士のような雰囲気。
 だけど曖昧にして互いに駆け引きしていますね。
 駿(横浜流星)がさり気なく押して、受ける真柴(川口春奈)も半分はOKしているような。
 交際し始めたカップルの新鮮さですね。
 軽さと甘い雰囲気だけの非現実の世界です。

 仕事に追われている真柴(川口春奈)は疲労をためこんだようには見えないです。
 事業主所得で時間の余裕を自分でコントロールできる駿(横浜流星)と同じくらい。常にコンディションがいいように見えます。
 夜を通してカウンセリングしていたという陽人(丸山隆平)もそう。
 彼らの住む世界に仕事疲れはない。
 
 4人が一つのカプセルのような建物に泊まり。
 表面上は異性を全く意識しない行動をとります。
 都会の男女のがっつかないスマートさを演出。

 何もかもがエレガントでクールでセンシティブ。 


 香子(夏川結衣)が詐欺に遭い留学がダメになるようですが。
  
あらすじ Yahoo!テレビより
真柴(川口春奈)の後輩・茅野(山下美月)と秋葉(高橋文哉)が、会社の公式ホームページのリニューアルを任された。一方、課長の松下(飯尾和樹)は真柴が仕事でミスをした原因を疲れと考え、有給休暇を取るよう指示。その夜、真柴は陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセリングを受ける。翌朝、真柴らは同居人の彩夏(中村アン)の絵がコンクールの最終選考に残ったと知る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント