「SUPER RICH」第1話 感想

 ドラマチックな第1話。赤楚衛二を楽しみにしていました。空を演じる町田啓太も注目の俳優さんなんですね。社長、衛(江口のりこ)の飄々とした喋り方。飾り気がなく自然体。なのに存在感あり。
 頂点にいた主人公が一気に落とされる。第1話としては既視感のある展開。これからどう巻き返していくのか。また優(赤楚衛二)との関りがどう進展していくのか…。
 共同経営者の一ノ瀬(戸次重幸)、ダメンズだったんですね~。
 別に恋愛関係でもなく親友の間柄、寂しさから気を許せる相手が欲しい。でも近づき過ぎて失いたくない。
 そういう恐れから真意を見抜けずに長い間やり過ごしてきた…。
 人を見る目、男を見る目がイマイチな衛(江口のりこ)。
 こんなやり手いるかな~?笑)

 江口のりこのすっぴんは眉が薄くて印象が…メリハリが要るよね。

 共演の松嶋菜々子や中村ゆり、比較対象物が濃い美人だから。

 並んで映ると…。^^;



 
 関西弁て肩の力の抜けた雰囲気になるよね。
 面白くなりそうです。


あらすじ Yahoo!テレビより
電子書籍会社CEOの衛(江口のりこ)は家が裕福で、人事責任者の空(町田啓太)ら優秀な部下にも恵まれているが、大学で出会った共同CEOの一ノ瀬(戸次重幸)には甘い。ある日、衛はインターン試験に遅刻した貧乏専門学校生の優(赤楚衛二)から受験を懇願され、拒否。その夜、元上司でIT企業社長の聡美(松嶋菜々子)から情に流されて決断しないよう忠告される。その衛を優が再訪し…。



ストーリー Yahoo!テレビより
電子書籍を手掛けるベンチャー企業「スリースターブックス」の代表取締役CEOを務める氷河衛(江口のりこ)は、「お金があれば何事も解決できる」と考え、より多くの利益を出すために仕事に明け暮れる日々。一方で、幼少期に両親を亡くして以来、心を閉ざし、金はあるが愛に飢えた人生を過ごしてきた。
ある日、一回り年下の専門学生・春野優(赤楚衛二)がインターンに応募してくる。優は衛とは対照的に、愛情にあふれた家庭で育ったが、アルバイトをしながらなんとか生活している貧乏学生だ。そんな中、会社をより大きくするために奔走する衛の前に、会社を揺るがすような危機が訪れる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント