「アバランチ」第1話 感想

 犯人に喋らせてそれを動画配信して晒すオチは他のドラマで何度か見た気がします。ストーリーは単純明快。分かりやすい善と分かりやすい悪の対決でしたね。見どころと言えば、綾野剛のカッコ良さかなぁ…。こういう役、似合う。恋プにも良かったけど、やっぱりこっちかな。
 日本刀を振り回す危ない事務所の人とのアクションシーン、あれボールペン握ってたのかな?
 ボールペンでも刺せば武器になるのね。凄かった。
 笑いながら余裕を見せてて怖かった。(笑)

 綾野剛の掴みどころのなさそうなキャラが何とも言えないです。
 それとアクション。
 リナ(高橋メアリージュン)も一緒に見せ場を盛り上げてた。
 
 そしてこの手のドラマで必ず出てくるのが、ネットを操りどんなセキュリティーも突破するハッカー。
 牧原を演じる千葉雄大、ピッタリですね。
 


 毎回、悪役のゲストが出てきて事件を解決するようで。

 暗い重厚な雰囲気の映像が映画っぽいですね、

 綾野剛と福士蒼汰のキャラの対比も楽しめそう。(#^^#)

あらすじ Yahoo!テレビより
警視庁捜査一課から特別犯罪対策企画室に左遷された西城(福士蒼汰)は、室長の山守(木村佳乃)を送り届けた雑居ビルの入り口で羽生(綾野剛)という男性と出会う。自分の経歴を知り尽くす羽生に薄気味悪さを感じる西城。山守は、羽生、牧原(千葉雄大)、リナ(高橋メアリージュン)、打本(田中要次)と謎の集団「アバランチ」を組んでいた。彼らは、都市開発プロジェクトリーダー失踪事件に動き出す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント