「愛しい嘘~優しい闇~」第7話 感想

 林遣都ワールドでした。雨宮に成りすました中野君。そして横暴な本物雨宮君。この二人の性格の違いは、かなりメリハリがあるので演じ分けるのはそれほど難しくはないかも。
 だけど整形して雨宮になった本物中野君が望緒(波瑠)に嫌われ離れて行ってもらおうとするために、嘘をつくシーンは凄く難しいんじゃないかと思います。
 セリフを言ってる時の浮ついた感じ。
 表情からは読み取れない何か。
 言葉とは裏腹な心の内…。
 
 林遣都の演技に見入ってしまいました。

 中野君の生い立ちや家庭の事情など、悲運ではあるものの。
 放火は犯罪。
 それを携帯の画像に撮られて雨宮に「奴隷」呼ばわりされて付き纏われる状況も悲運。

 雨宮、そんな男だったの!?
 中学生の望緒は男を見る目が無い。笑)


 野瀬優美(黒川智花)は雨宮(中野君)と会っていくうちに二人で幸せになる、そう思い込むようになります。
 彼のために岩崎奈々江(新川優愛 )から画像のデータが入ったカードを奪います。 
 そして奈々江をしのぶ会でデータが入ったカードを渡します。
 その途端「それじゃ、元気でね。幸せになってね。」と言われ。
 優美は騙されていたと気づき、愛が憎しみに変わった。
 雨宮(中野君)を殺そうと…。
 
 だけどグラスをすり替えられるとは…。
 哀れです。
  
 真相が一気に明らかとなり、スッキリしました。

あらすじ Yahoo!テレビより
雨宮(林遣都)の秘密にぼうぜんとなるも、逃げずに向き合おうと決意する望緒(波瑠)。一方、玲子(本仮屋ユイカ)と稜(溝端淳平)は原点に立ち返ろうと、かつて夏祭りで訪れた神社へ。そこで2人を尾行していた野瀬(徳重聡)からナイフを向けられ、思わぬ話を聞かされる。その頃、あることに思い当たった望緒はサユリ(高橋ひとみ)を訪問。そこへ現れた雨宮と対峙(たいじ)する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント