危ない思考回路

 最初自分が決めた事にこだわり続けるように、たぶん同じパターンで、時代の変化にも対応できてない生徒の母親。
 この保護者の10代、20代前半にかけては、好景気の時代だったんじゃないかな。
 その時、自分の中で輝いてたものを引きずってるとしか思えない。

 車がそうでしょ。
 今の主役はエコカーだから、ああいう車はレジャーに活躍させればいい。大きなRV車を音楽教室の送迎に使うだけなんて。どう考えたってガソリン代も四輪駆動はかかるはず。
 地球環境なんて大げさな事は言わない。
 先生を大切にする訳でもなく、練習量も少ないし、余分な労力と時間を費やすほど意義の有る教室通いとは思えない。

 輝いてた主流のもうひとつは、高学歴、高収入、高身長だったね。
 肩書きとお金。そこに執着して離れられない。
 柔軟性はないよね。一貫してそう。
 職人さんの頑固一徹とは全然意味が違うからね。
 他人に委託してる。子供は別人格を持った他者なのに、この認識が普通と違う。依存しすぎるよ。子供に強要するのは酷だよ。



 子供の高学歴、高収入にこだわり過ぎて、情緒や情操は置き去り。

 物欲に煽られて品性を失ってしまった。

 普遍的で大切なものを逆に失ってしまった。


 子供は嘘をつくのが習慣になり、父親が苦労して稼いだお金を生かすことなく消費する。
 この母親は仕事をした経験が無いのかも知れないね。
 電話は要領を得ず長く、子供の不祥事には対応が鈍く無関心な態度を示す。
 とぼけてはぐらかして、現実からズレていく。
 
 どうでもいいことに過敏になって、大切な事には反応が遅く鈍い。

 堅実なのか浪費家なのかさっぱりわからない。
 無駄が多い割りに小銭には過敏に反応する。
 専門職を信頼せず、自分が決めて指図だけする。
 アドバイスには耳を貸さず、必ず手に入ると勝手に決め込んでしまう。
 与えずに取り込もうとばかりするから、結局手に入らず損をする。
 得ようとして失う。








ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

"危ない思考回路" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント