「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」第4話 感想 

 里見(松坂桃李)の変装コスプレが楽しめた回でしたが、物事に大きな進展はなかったですね。
 相変わらずカラ(菜々緒)の存在感が圧倒的でした。
 里見君は好青年でいいですね。
 でも扱う事件を考えると軽い感じが…。
 恋人の猪熊(木村文乃)はこれといって活躍する場がなく、完全にヒロインの座を明け渡してますよね~。
 

 渡公平(光石研)がカラにプロポーズするシーンもコメディ路線。
 こんな軽いおじさんはいないだろうって。(;^_^A 

 渡を眠らせ車のキーを取り出して出かけるカラ。
 キャリーケースを移動させ運んでいたのは…。
 
 そして里見に追わせてエレベーターの中で迫らせますが。
 猪熊はそれを目撃。
 二人を挑発していったい何をしたいのか…。
 
 やっぱり次回が気になります。(^^)v


あらすじ Yahoo!テレビより
警察は、姿を消した月本(要潤)を一連の事件の犯人と断定し、行方を追う。しかし、月本のクリニックにあるはずのカラ(菜々緒)のカルテがないことに気付いた里見(松坂桃李)は、カラに疑いの目を向ける。殺されたと思われた麻弥(三上紗弥)は、一命を取り留めたが、意識不明の状態が続く。主治医によると、麻弥は搬送時にうわ言を言っていたという。一方の猪熊(木村文乃)は、単独行動が続く里見に、不信感を募らせる。

  第1話  第2話  第3話

"「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」第4話 感想 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント