「好きな人がいること」第1話 感想

 湘南の海の風景とか、ビジュアルは爽やかです。
 イケメン3兄弟も見てる分には充分楽しめます。
 ストーリーは同居までがスピーディー。有り得ない設定なのに、ヒロインこんな簡単にスルーしちゃっていいの?って感じでしたね。
 ゲームの中の設定みたい。

 夏向(山崎賢人)がメインで絡んできますね。
 
 最初から敵意むき出しで、くっつき過ぎ。(*^^*)

 ここまで反発してたら仲良くなるのも早いよね。

 次回も見ると思いますが、感想は書けないかも…。
 ちょっと微妙です。 







 桐谷美玲はキャンキャンした声だな~。
 腕が細くて体も…折れそうだよ。
 大丈夫かなって思ってしまう。
 

あらすじ Yahoo!テレビより
恋も忘れるほどケーキ作りに熱中してきたパティシエの美咲(桐谷美玲)だが、突然仕事を解雇され大ピンチ。そんな折、高校時代の初恋の人・千秋(三浦翔平)と再会した美咲は、新鋭レストランプロデューサーの彼が営む湘南のレストランで住み込みで働くことに。千秋との同居に大興奮の美咲。だが、そこには彼の2人の弟、シェフの夏向(山崎賢人)と学生の冬真(野村周平)も住んでいて、美咲は自分を認めようとしない夏向と衝突する。


"「好きな人がいること」第1話 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント